飼い主さんのもろもろ 飼い主のダイエット

乳製品と卵抜きダイエット ヨーグルトはお腹壊してるだけ説

更新日:




アンケートを募ってダイエットに成功した30人に体験談を聞きました。今回は乳製品と卵抜きダイエット。そんなダイエットがあるんですね。乳製品といえば牛乳やチーズ、バター、ヨーグルトなど。とくにヨーグルトはダイエットにとってはメジャーな存在。なのに乳製品抜き?調べてみるとけっこう多いんです、実践している人。乳製品や卵はアリか、ナシか。とくに、代謝が落ちていく大人は一考したほうがいいかもしれませんよ。

ダイエット×乳製品と卵抜き

ポイント1乳製品はダイエットの敵?卵と乳製品を避けて痩せた41歳

ペンネーム「ゆみあ」さん、41歳。彼女が人生で一番成功したダイエットです。

「私は、一番下の子供がアレルギーがあると知って、乳製品と卵をできるだけ抜いた食生活をしていた時があります。どんなものに乳製品や卵が入っているのか知りたかったからです。
すると、一か月で三キロ痩せました。51キロから48キロになりました。これ以上は痩せたくなかったので、ご飯をたくさん食べていましたが、増えも減りもせず、半年がたちました。全く食べてないわけではなく、食事を作るので、味見や少しは食べていましたが、自分からは選んで、乳製品や卵は食べませんでした。
半年たってから、少しずつ食べることにしてからは、一キロ戻りましたが、一年たっても、リバウンドしません。運動も特にはしていませんが、出掛ける時は、車が多い中にも、歩く機会も作るようにしています。野菜だけでなく、肉や魚も普通に食べています。今は、特にはダイエットをしていません。乳製品と卵を減らしているだけです。」

牛乳やヨーグルトなどの乳製品と卵を減らすダイエット。日本人は元々農耕民族なので乳製品や卵は向いていないと指摘する専門家もいます。

▼ゆみあさんのダイエットスタイル

  1. 乳製品を食べない
  2. 卵は食べない

本文にもありますがお子さんのアトピーをきっかけに、ダイエットに成功したとのこと。乳製品や卵を食べないダイエットになります。

ポイント2そもそもなぜ乳製品を嫌うひとがいるのか?

以前は当たり前だった「牛乳信仰」の風向きが変わりつつあります。元オセロの松嶋尚美さんはある番組のなかで「子どもに牛乳は飲ませない」と発言。牛乳が骨粗しょう症などの原因になる有害な飲み物という考え方が議論をまきおこしました。マクロビティックも牛乳を含めた乳製品を否定してます。牛乳や母乳にも含まれている「カゼイン」と呼ばれるタンパク質が脳やカラダに悪い影響を与えるというのです。牛乳に含まれるたんぱく質の8割がこのカゼイン。

いぜん、五木寛之さんと帯津良一先生の本「健康問答」を取り上げた時も紹介しました(記事はこちら)。「牛乳を飲むのは、いいことか悪いことか」。

帯津 牛乳がよくないという説も、体に良いという説も、ともにはっきりとした科学的根拠があるのではないと思います。(中略) おいしいカルシウムが補給されると実感する人は飲んでもいいし、イヤな味だな、飲みたくないとおもう人は飲まなければいい

五木 そう悪玉あつかいする必要もないし過剰に効果を期待することもない、ということですね。

結論は・・・「牛乳は無理して飲まなくてもいい。好きな人は、適量を飲んでいても問題はない」でした。

日野原さんに代表されるように、粗食が長生きの秘訣といわれる時代。牛乳を無理してガブ飲みする必要はなさそうです。だとしたら、ダイエットの選択肢として浮上してもおかしくありませんね。

ポイント3乳製品を取らないマクロビとは?

日本人が提唱し、今ではマドンナをはじめ海外セレブも実践している「マクロビオティック」。

■マクロビオティックとは?

玄米などの穀物や野菜を中心とした食事法。

肉などの動物性のものや卵や乳製品は食べない

砂糖を使わない

ベジタリアンに近いですね。牛乳をのむとよくお腹を壊しちゃう、そんな人も多いのではないでしょうか。それは、もともと日本人が牛乳に含まれる乳糖を消化する酵素がすくないため。適応できるカラダではないのに飲み続けていてはいずれアレルギーを発症してしまう可能性があります。単純に冷たい飲み物でカラダを冷やしてしまう、という弊害もあります。

ポイント4ホットヨーグルトの効能

では、乳製品はぜんぶ控えたほうがいいのか。結論はそれぞれ試してみる、しかないとおもいます。乳糖耐性があれば効率よく栄養分を補給できるわけで誰かの言葉を盲目的に信じるのではなく、ためしてみて合わなければ止めればいいんです。今話題になっている「ホットヨーグルト」。テレビで取り上げられ試してみる人が続出しています。電子レンジで熱くならない程度に温めるだけ。温かいのでお腹を壊しにくくなり、便秘にも効果があるんだとか。

  • お腹を壊さない
  • カルシウムを効率よく吸収できる
  • 便秘解消

乳製品について調べていて試してみたいベスト1でしたね。ふだん口にするヨーグルトはそのまま冷たいものを口にしています。乳糖耐性があっても冷えているものをカラダに入れてはカラダによくありません。欠点を補ってますよね。

ポイント5学んだコト、マネしたいコトまとめ

  • 牛乳は無理して飲まなくていい
  • 飲みたい時に飲みたい分だけ
  • ホットヨーグルトが気になる

酸味が気になる人は、カレーなどの温かい料理にちょい足ししてもいいかもしれません。乳製品や卵を取らないダイエット、年を重ねれば積極的に取る必要はなさそうです。食べたい時に食べたい分だけ。カラダにいいから、と無理して食べたり飲んだりしているものはありませんか?自分のカラダに問いかけることから始めましょう。ちなみに、わんこは無糖であればヨーグルトOK。牛乳は人間と同じでお腹を壊す子もいるので注意が必要です。卵は生はNG(黄身はOKとする記述もありますが)。

無理のないダイエットライフを、愛犬とともに。

(日々つむ編集部)









-飼い主さんのもろもろ, 飼い主のダイエット
-, , , , ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 All Rights Reserved.