しつけ・飼い方 犬を飼う

ハンカチなくして読めない犬の遺言状「A Dog's Last Will & Testament」を意訳してみた

更新日:




犬編集長とかちんと散歩していると、また飼いたいんだけれど自分の年と考えるとねえ〜、という声を耳にします。撫でさせて、とお願いされることもしばしば。かつて飼っていた愛犬に思いを馳せているのでしょう。ペットロス、ツラいですね。飼い主を癒してくれる「犬の遺言」という詩と出会いました。ペットロスに苦しんでいる方へおくります。

とかちん
ぼくも同じ気持ちだよ

飼い主へおくる詩「犬の遺言状」

「犬の遺言」は、原文が英語です。拙いながら訳してみました。

yuuhi人間は死ぬまえに遺言をのこすよね。

ぼくに同じことができるなら、お願いしたいことがあるんだ。

もし、身寄りのない友だち(野良犬)がいたら・・・

ぼくの持ち物をあげていいよ。
食器、あったかいベット、やわらかい枕、オモチャ、
そして、ひとり占めしていた膝の上、
やさしく撫でてくれた手、
ぼくの名前を呼んでくれた声、
ぜんぶだよ

ここには、愛がいっぱいあったんだ

だから大好きなあなた(飼い主の名前)にお願いです。
ぼくが死んでも、
「こんなに悲しい気持ちになるなら、二度とペットと暮らしたくない」
なんて言わないで。

その代わり、見つけてください
あなたの心に居場所をもとめている、
あなたの愛を必要としている、

今はまだひとりぼっちの犬を・・・。

そして、ぼくからあなたへ遺せるものがたった一つだけあるんだ

ぼくの心のなかに、体のなかにある、ありったけのを、あなたに。

これがぼくの遺言だよ。

いかがでしたか

この世で平等なものがたった一つだけあります。それは「時の流れ」です。どんな飼い主も逆らうことはできず、いつか必ず愛犬との「別れ」は訪れます。しかし、一緒に過ごした時間が消えることはありません。そして、あなたが与えた愛も愛犬がくれた愛も永遠なのです。

とかちん
ぼくは、きょう一日を、いや、今この瞬間を大切に生きているよ。だから、・・・おやつくれ

(日々つむ編集部)




サイト内を検索

人気の投稿とページ




サイト内を検索

人気の投稿とページ



おすすめ記事

1

このドッグフードでいいのかな…。そんな心のどこかに不安が消えない人のための記事です。犬編集長(トイプードル・4歳)は母乳からはじまり、成犬になってから5回チェンジ。ローテーションを意識したわけではあり ...

-しつけ・飼い方, 犬を飼う
-, , ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 All Rights Reserved.