犬とiPhone

【電子書籍】入院中にオススメ!昭和シニア世代でも楽しめる漫画ランキング77選

更新日:




もしシニア世代(U60)の家族が入院したら、子供や孫世代にできることはなんだろう・・・。ベッドの上が大半を占める生活。頭を使うボケ防止やストレス解消になるものはないかと考えていたとき、ふと漫画はどうだろうと思い浮かびました。

「あしたのジョー」「巨人の星」「ドカベン」・・・。

昭和の漫画ならぜったい楽しんでくれる、と思いました。でも病室は限られたスペース。かさばるのがネックになります。そこで考えたのが電子書籍。何冊でも読むことができます。目に優しいタイプが出ているし(けっこう重要)、画面が大きいので老眼でもメガネをかければ負担にならないでしょう。一度ダウンロードしてしまえば電波を飛ばす必要もないので無線wifi禁止の病室でも読めるはずです。

そこで、家族が入院したときにプレゼントしたいおすすめの昭和漫画の名作からイチオシの最新作までランキング形式でまとめてみました。46歳(@1102tvみっちー)がこれまで読んだすべての漫画から71歳の父親に読ませたいものだけをチョイス。

ぜひ参考にしてみてください。

こんな記事です→家族が入院×電子書籍で読めるオススメ漫画をランキング形式で紹介

ポイント電子書籍の専用端末をすすめる理由

電子書籍を読める端末は、おおきく2種類。ひとつはアイパッド(iPad)などのタブレッド型。アプリをダウンロードして電子書籍を読み込みます。そして、もうひとつはキンドル(Kindle)や楽天koboなどの専用端末です。オススメは専用端末。わたしは今アイパッドやアイフォーン6+で電子書籍を読んでいるのですが目が疲れやすいんです。年を重ねると読みたい欲求が目の疲れに負けるんですよね。その点、専用端末は電子ペーパーを使った白黒画面が多く、読みやすい上に目が疲れにくい特徴を持っています。バッテリーの持ちがいいのもメリットになりますね。1日30分つかって1か月充電しなくてもOK!という機種だってあります。さらに、読みやすいフォント(字体)を選べるのもうれしい機能です。ま、漫画は関係ありませんが。漫画と合わせて大好きな歴史小説をプレゼントするのもアリ! 専用端末のメリット、3行にまとめます。

  • 目が疲れにくい
  • バッテリー持ちがいい
  • 好きな字体を選べる

2017年7月時点でもっとも売れているKindleはこちらになります。

次のページへ >









-犬とiPhone
-, , , , , ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 All Rights Reserved.