暮らしの得ワザ 飼い主さんのもろもろ

【詐欺】実在する寺も利用、巧妙すぎる霊感商法の手口を回避する方法

投稿日:2016-02-17 更新日:

 霊感商法グループの男たちが詐欺の疑いで逮捕された。振り込め詐欺ではなく霊感商法。なんだかひと昔前の詐欺と誤解しがちだが、不安につけ込む手口は巧妙化。被害者は5500人にものぼるという。今も別の詐欺グループが大切な家族を狙っているかもしれない。あなたは大丈夫?ではなく、あなたの家族は大丈夫?家族の「気づき」が被害を防ぐことを知っておこう。

とかちん
高価なモノを買わされたり、お金を振り込むことになったらぼくと同じ愛犬のことを思い出して冷静になって

事件の概要

開運ネックレス」の購入者に電話をかけ、不安をあおって金をだまし取ったなどとして、京都府警は16日、詐欺と特商法違反(不実の告知・書面不交付)の疑いで、東京都内にあった通販会社「幸せ工房」(閉鎖)の元営業部長、長藤晶彦容疑者(33)ら元従業員の男3人を逮捕した。長藤容疑者は「今日は何もしゃべりません」と供述。府警は、開運商法による組織的な詐欺の可能性もあるとみて全容解明を進める。

逮捕容疑は平成26年12月~27年4月、それぞれ僧侶を自称し、電話で「水子の霊が付いている」などと伝え、京都・大阪の50~80代女性3人から、祈祷(きとう)料名目で現金計約40万円をだまし取るなどしたとしている。

同社は、雑誌の広告や折り込みチラシで「開運ネックレス」を販売。購入した客に電話をかけ「お札に願いを書いて返送して。祈祷する」と伝えた。返送した客には「お札を祈祷したら祈祷師が倒れた」「相当悪い霊が付いている。除霊が必要」と話し、祈祷料として現金を要求していた。

長藤容疑者らは入金先に、茨城県や山梨県にある2つの寺院の名義の口座などを指定。寺院の“東京道場の僧侶”と自称していたという。

府警は27年、同社の複数の関係先を家宅捜索。26年9月~27年9月、関係する複数の口座に、約5500人から計約2億5千万円が入金された形跡があったといい、詳細を調べている。

引用:産経WEST

フジテレビ「とくダネ」では、被害者が購入していた開運ネックレス販売会社「幸せ工房」のパンフレットを入手。

IMG_5668_Fotor

画像引用:フジテレビ「とくダネ」

雑誌でよく目にする類の広告ではないだろうか。この開運グッズの購入者に電話をかけ、お金を脅し取っていたのだ。京都府警によれば、被害者は全国に5,500人。被害総額は、2億5,000万円にのぼるという。

霊感商法の最新だましのテクニックとは

広告にはこううたわれていた。

「開運の悟りを拓く、ただ一つの道」(金運・仕事運上昇!!恋愛運・家族運上昇!!)

「天然石がもたらす奇跡のエネルギー」

そして、定価9900円の開運ネックレスを特別価格880円で販売。これを身につけて、パチンコで大勝ち、年下のイケメンと結婚、土地が売れて老後の生活が安泰になった・・・という購入者の声が寄せられている。

被害者の多くは、高齢者。老後の不安、子供や孫の悩みにつけ込むのだという。とくダネが取材しただましのカラクリはこうだ。

  1. Aさん(60代)、雑誌の広告を見て「880円のペンダント」を購入
  2. 後日、僧侶を名乗る男から電話。身の上相談になり信頼関係を構築
  3. 自称僧侶「あなたの運気には乱気流がある。一番偉い先生を呼んでご祈祷してもらっている」
  4. 偉い先生「不浄の塊が運気を阻害している」「水子の霊がいる」「このまま放っておくと娘さんに影響が出る」
  5. 祈祷代108万円を送金

ポイントは2。身の上相談で「個人情報」「経済状況」「悩み」などを聞き出しているので弱みを見せてしまっている状況。その弱みに付け込み、タイミングを見計らって二束三文の開運グッズや祈祷代と称して多額のお金をふっかけるようになっていく。。徐々に指示は具体化。

自称僧侶「金運を上げるためには、財布を白いタオルで包み、タンスなどの暗い場所に入れるようにしなさい」

信じちゃいませんか。さらに。

自称僧侶「(一番偉い)先生が祈祷室で倒れた。代わりに位の高い僧侶を呼んだ」

要求された永代供養量800万円。結局Aさんが支払ったお金は1千万円近くにのぼったという。880円が1千万円・・・。

なぜ信じてしまったのか。巧妙な手口はほかにも。

振込先は「実在するお寺」の口座だったのだという。振込先になっていたお寺は番組の取材に対し「祈祷は行ったのかについて特にお答えすることはありません」と回答。警察によると、霊感商法グループは、ターゲットに信じ込ませるために複数の寺に報酬を支払い口座を借りていたという。

だましのテクニックまとめ

開運商法被害弁護団の久保内浩嗣弁護士が「だましのテクニック」のポイントを整理。

  1. 日時を指定し本人に電話をさせる
  2. 祈祷のことは他言無用
  3. 大金はお供え物と一緒に郵送

つまり、誰とも接触させないようにして追い込んでいくのだ。

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s

家族の「気づき」が詐欺被害を防ぐ

家族の持ちものにおかしな品はないだろうか。おかしな電話がかかってきてないだろうか。電話料金がいつもより高くなっていないだろうか。騙される人は自分のことより子供や孫といった家族のために行動するケースが多いという。家族のちょっとした「気付き」が被害を防いでくれる。老後の不安、子供や孫、そしてワンコの悩みも同じ。高額なお金を支払ったからといって悩みは解決しない。お金や祈りで解決するならお医者さんや獣医さんは必要ない、ということなる。

冷静になろう。

開運商法被害弁護団「ストップ!開運商法」

とかちん
ぼくは飼い主さんが一緒でいてくれるだけで幸せだよ

 

(日々つむ編集部)

-暮らしの得ワザ, 飼い主さんのもろもろ
-, ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 AllRights Reserved.