犬とiPhone

【 バカ売れ】広角・接写撮影ができるスマホ用レンズが付録のDIMEをゲットして試し撮りしてみたぞ

更新日:




SNSで話題のDIME5月号を買ってきました。売り切れ店続出との情報だったので電話しまくり、と言いたいところですが2件目で無事ゲットできました。結論から言うと「買い」ですよ。

2in1広角&接写用スマホレンズ

お目当てはコレ!
IMG_6059 2_Fotor
下に見える赤い箱「特別付録」です。表紙にはこう書いてあります。

IMG_6060_Fotor

特別付録「広角」「接写」2つのレンズでスマホ撮影が劇的に変わる!

では早速、スマホにつけて試し撮りしてみましょう。

赤い箱を開けてみた

本メディア(@1102tv)の近くにある紀伊國屋笹塚店で探してみましたが売り切れ。新宿本店に電話してみましたが売り切れ。しかし、新宿南店(高島屋タイムズスクエアの隣)に電話すると在庫があるとのこと。取り置きしてもらい買ってきました。まだ何冊かありましたがそこには「お一人様2冊まで」の文字が。買い占めようとした人がいるんでしょうね(やめてください)。

IMG_6061_Fotor
やっと会えたね。開封します。

IMG_6062 2_Fotor
IMG_6063_Fotor
第一印象はけっこうちっさいな、でした。雑誌内の説明を読まずにいじってみました。

スマホレンズの構造は?

IMG_6064_Fotor
CHUMSとDIMEのロゴが入っています。コラボグッズなんですね。クリップが見えます。

IMG_6065_Fotor
キャップが付いています。

IMG_6066 2_Fotor
赤いのはレンズでした。外れます。2in1=「広角」と「接写」と書いてあったのですがレンズが外れません。

IMG_6067 2_Fotor
けっこうな力を入れて外しました。よく見ると下側のレンズには「MACRO」と書いてあります。こちらがマクロ=接写用のレンズということですね。

IMG_6085 2_Fotor
ボケてしまいました。こういう時こそマクロレンズが活躍してくれるはずなのに、マクロレンズの接写をマクロレンズで出来ないジレンマ。クゥ〜っ。

これでぜんぶ。クリップ式のスマフォレンズです。パッと見「2週間くらい経つとなくしちゃうパターンのヤツや」。すぐ無くしそうです。クリップで挟むタイプなのでどんなスマートフォンでも使えます。私(@1102tvみっちー)はiPhone6+で試してみました。

DIMEの付録!スマホ用レンズを付けてみた

アイフォーン6プラスにつけるとこんな感じになりました。
IMG_6683_Fotor
IMG_6682_Fotor
あまり目立ちませんね。本体のレンズとの重なり具合が気になります。ズレを修正しないと影が目立ちます。

スマホ用レンズで試し撮りしてみた

まずは、普通に撮った1枚。
IMG_6073 2_Fotor
お昼寝中の看板犬。

では、2つのレンズが付いた状態で撮影しましょう。
IMG_6071 2_Fotor
右下の隅に赤いものが写っちゃってます。ケラレというレンズ枠の影らしいです。カメラ機能のスクエアで撮影できるモードがあればそれを利用するといいとのこと(雑誌内の説明より)。広角レンズですね。なければズーム機能やトリミング機能を活用しましょう。

続いて、レンズを1枚外してみます。

IMG_6072 2_Fotor

ピントが合いません。なるほど。こちらが接写用のマクロレンズですね。では、ちゃんと試し撮りしてみます。

接写用マクロレンズの実力は

DIME内ではマクロレンズの実力を証明する画像として1000円札の隠し文字「二・ホ・ン」を紹介していました。1万円札で試し撮りしてみます。

IMG_6112_Fotorho

「二」。

 

IMG_6111_Fotorho

「ホ」。

IMG_6113_Fotorun

「ン」。
分かりにくいかもしれませんが、青い二つの山の下にあります。
IMG_6122
こんな感じ。左右対称なので「ン」っぽくないですね。
かなりビックリしました。肉眼では全然見えない隠し文字がちゃんと見えました。老眼でもバッチリです。接写用のマクロレンズ、かなり使えますよこれは。桜の花びらなどの花やフィギュアなど様々な使い道が考えられますね。
では、広角レンズです。

広角レンズの実力は?

DIME内では、東京スカイツリーをバッグに広角レンズの実力を試していました。切れがちな先端がバッチリを撮影できていました。ため取りしましょう。東京タワーで試し撮りを試みます。まずは普通のカメラレンズで。

IMG_6082 2_Fotor

遠いのでベランダからの東京タワーです。では広角レンズを装着します。

IMG_6083 2_Fotor
上の両隅にケラレが出ています。解像度も下がっています。でもより広い景色が撮れているのがわかると思います。DIMEでは使い道として自撮りを推奨していました。確かに自撮り棒よりはかさばらないしアリかもしれません。とくに、東京ディズニーランドでは自撮り棒禁止なので、このクリップ式スマホレンズはアリですね。

3行まとめ

  • DIME5月号「スマホレンズ」の付録は使える
  • 接写用マクロレンズは花見(花びら)で使える
  • 広角レンズは自撮り棒代わりに使える

いかがでしたか?売り切れ店続出のようですがほしい方は粘り強く探してみてくださいね。いつもと違う景色が撮れて楽しいです。「買い」ですよ〜。

(日々つむ編集部)

 

 









-犬とiPhone
-, , , , , ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 All Rights Reserved.