サルコペニア肥満 ライフ 病気 長生きしよう(人)

【ダイエット】メタボより危険?脂肪だらけ「サルコペニア肥満」チェック法

投稿日:2016-04-06 更新日:

「最近歩くのが遅くなった」「ペットボトルのキャップが開けにくくなった」など感じたことはありませんか。ある、という方はひょっとするとサルコペニア肥満かもしれませんよ。もしあなたが太っていなかったとしても起こりうるサルコペニア肥満とは何か?とくに女性は注意が必要なんです。

サルコペニアとは?

サルコペニアとは、2つの言葉に分けられます。サルコ=筋肉とペニア=減少を組み合わせた造語。加齢や生活習慣の影響によって筋肉が減ると、筋肉が消費する糖などの量が減少。脂肪の蓄積につながります。つまり、体重は変わらなくても、筋肉が減り体の中は脂肪だらけになっているかもしれない隠れ肥満。それがサルコペニア肥満なんです。適正体重でも安心できませんよ。
怖いのは病気。フジテレビ「バイキング」によれば、サルコペニア肥満によるリスクがこちら。

糖尿病 19倍
高血圧 2.3倍(女性)
寝たきり 6倍(女性)

65歳以上の高齢者に多いですが、40歳以上の4人に1人は予備軍と言われています。
バイキングでは以下のチェックリストを用意。いくつ当てはまるかで危険度がわかります。

サルコペニア肥満の危険度がわかる10のチェックリスト
1.10年前と体重や体型が変わらない
2.若い時より歩くのが遅くなった
3.階段よりエスカレーターエレベーターを使いがち
4.スリッパやサンダルを履いてつまづくことがある
5.急な階段を下りるとき少し怖い
6.無意識にヨイショと言っている
7.足のむくみが気になる
8.猫背だと言われる
9.食事制限ダイエットをしたことがある
10.筋トレはしてないがウォーキングはしている

(引用:バイキング)
で、結果がこちら。

1個でも該当→要注意
5個以上→いますぐ生活改善を

ちなみにわたしは1と10以外、8個当てはまりました(@1102tvみっちー)。一個でもあてはあるというのはちょっと乱暴な気がしますね。

NHK「きょうの健康」では、シンプルに3つ。
1.歩くのが遅くなった(横断歩道を渡りきれない)
2.手すりにつかまらないと階段を上がれない
3.ペットボトルのキャップを開けにくくなった

自覚している場合はサルコペニアが疑われるそうです。

NHK「あさイチ」では2つの方法を紹介していました。
・BMI〜25以上
・筋肉率〜男性27.3%未満 女性22%未満

・片足立ちで靴下がはく
・椅子に座って片足で立つ
・片足立ちで60秒キープ

1つでもできないと、予備軍の可能性がありますよ。「片足立ちで靴下を履く」はバイキングでもやっていましたね。

きょうの健康によると、サルベニア予備軍には注意が必要な3つのタイプがあります。
1「やせている(BM18.5以下)75歳以上の高齢者」
2「メタボで脚が細いタイプ」
3「若い女性」

1は粗食の人は注意。2は食事制限をして運動をしていない場合。3はダイエット目的で食事制限だけを行っている場合。運動をしないので脂肪と一緒に筋肉も減ってしまいまいます。

3大予防食材

バイキングでは親子丼やツナ入り卵焼きなどのメニューを紹介していましたが、要は筋肉を作るDCAAが豊富なツナ、卵、鶏胸肉を摂るといいそうです。

まとめ

サルコペニア肥満を防ぐには、ウォーキングより筋トレ。食事制限よりも筋トレ。3、4がなくて5に筋トレです。筋肉の大切さを身にしみて感じました。

大ポイント
脂肪は減らしても筋肉は減らすな!

体重の増減ばかりに気をとらわれていたら取り返しのつかないことになりますよ。

 

(日々つむ編集部)

-サルコペニア肥満, ライフ, 病気, 長生きしよう(人)
-,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 AllRights Reserved.