犬と有名人

指原絶句…秋本治氏がワイドナショーで語った「こちら葛飾区亀有公園前派出所」連載終了のすべて

更新日:




週刊少年ジャンプに連載中のマンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、40年の歴史に幕を下ろすことが電撃発表されました。1976年に連載開始、一週も休むことなく連載を続け、40年の節目となることし9月17日発売号で最終回を迎えることになった。同日、200巻が発売され最終巻になるという。
(*アマゾンのkindleなら1巻や100巻など節目のコミックスが無料で数巻読めます。2016年9月23日までの期間限定です。無料一覧はこちら。)

突然の発表だった。秋本氏は「びっくりさせて申し訳ないです」と言い、「少年誌で40年も連載されるのは、まずありえない。作家としてうれしい。ネタはまだまだたくさんある。いつまでも描きたい気持ちはある」と話す一方で、「(200巻という)おめでたい時に終わるのが一番かなと考えた」と決断した心境を明かした。さらに「(主人公の)両さんはお祭り好き。区切れの200でパッと身を引くのもいい。40周年で祝ってもらった時にスッと消える感じがやっぱり両さんらしい。一番いい大団円の場かな」と続けた。

(出典:日刊スポーツ)
△ネタが尽きないなかでの決断。おつかれさま、といいたいところだがあまりにも突然の発表だけにまだ消化しきれないファンも多いのではないだろうか。各界の反応をまとめてみる。

こち亀は40年間「子どもたちを飽きさせなかった」(日刊スポーツ)

小林よしのり

「その時代、時代の流行を次々に登場させ、子どもたちを飽きさせなかった。これは大きい」

一本気蛮

 

・「両さんの凝り性できちょうめんな性格は、秋本さんを投影している」
・「雑談していると、細かいことなのに、すごく反応される。あふれるような好奇心も、長く続けてこられた大きな理由と思う」

ゴルゴ作者、こち亀終了に「寂しく、うらやましい」

さいとう・たかを

「ご苦労さまと言うしかない。連載があれだけ長くなると、作品が自分のものではなくなるので、やめるにやめられなくなるものなんです。(こち亀は)雑誌の顔になっていましたから、よく決断できたなあ。寂しいのと、うらやましいのと、不思議な気持ちです」

中川翔子「こち亀」終了に「200巻は永遠に残る」

中川翔子

ツイッターの反応


△キン肉マン書いている中の人。

電撃発表に波紋が広がる中、秋本治先生がフジテレビ「ワイドナショー」に出演するとの情報が飛び込んできました。出演者たちが次々と予告していいます。


△指原莉乃。


△東野幸治。


△堀潤。

本人の口から何が語られるのか。固唾を飲んでチャンネルを合わせてみました。すると秋本先生、いきなり人間味ある行動に出て空気を一変させたのです。

東野に根回し

waidonasyoakimoto_Fotor
(「ワイドナショー」スクリーンショット)
△冒頭、紹介されたのは、本番前にMC東野幸治の元に歩み寄ったシーン。本来であれば使われないところです。が、秋本先生は東野の耳元でこう囁いたのです。

秋本治先生
よろしく。東野さん、あのー、ぼくけっこう口下手なんで、もし何かあれば割って入ってもいいので

東野幸治
あ、わかりました

秋本治先生
松本さん、厳しいコメントバババって出すと、いやそこわねとか(言って)じゃんじゃん入ってきて。すいみせん。よろしく

東野幸治
(話をまとめる)松本さんがガンガンしゃべって怖いんで、なんとなくそれを遮って僕に振ってくださいと

松本人志
っていうことが僕に丸聞こえやったんですけど。悪口といってもいいですよね

これで一気に緊張がほぐれたのか、秋本治先生は連載を終えること、終える理由についてなど、知りたいことをよどみなく話してくれました。

連載を終えることについて

秋本治先生
こち亀が42号(9月17日発売号)で40周年なんですけど、それを持って終了します

一同絶句するなかで松っちゃんが巻数を競っているゴルゴ13を引き合いに出すと?

松本人志
最終回でゴルゴ捕まえてほしいな

秋本治先生
いいアイデア

△と褒めてました。でも実は・・・。


△とっくにコラボ済。松っちゃんを恐れつつ、松っちゃんの発想をすでに実現させていました。さすが大先生!

エンディングはどうなる?

東野幸治
最終話はお描きなった?

秋本治先生
いままだ。これからですね。アイデアはだいたいあります

△ゴルゴの出番はないようです。でも、今回を踏まえて出てくるかも?時世に敏感なのもこち亀の特徴です。

連載を終える理由について

秋本治先生
描いてて今も楽しいんですね。今も楽しんで描いてるんです。でもどこかで長編作品っていうのは終わりにしなきゃならないんで。ちょうど200巻っていうのも大きい節目になりましたね。200巻だとちょうどまとまるし、40周年のお祝いの時に、両さんってお祝いごとが好きだからまず。お祭りをワーッとやって姿を消すというのが最高のエンディングかなあと

松本人志
両さんのキャラクター的にも

秋本治先生
そうですね

東野幸治
出版社は止めなかった?

秋本治先生
止めましたね。続けてほしいと

△秋本先生は63歳。病気ではなくまだまだ現役バリバリです。それでも連載を終了させるのは相当な覚悟で伝えたのだと思います。

連載終了後はどうする?

秋本治先生
まだ考えてないですね。漫画家は辞めるつもりはなくて、同時に続けていた漫画はあるのでそっちは続けようかなと

一番思い出に残っている作品は?

ryousannporushe

東野幸治
ぼくは両さんが人間UFOキャッチャーでカウンタックを口で噛んで持ち上げているのが一番印象に残ってます。アホくさくて


△正確にはポルシェのようです。
そして、先生が思い出の作品にあげたのが「怒鳴り屋両さん」の回。政治の腐敗に怒った両さんや国会議事堂や都庁に乗り込む作品です。青島都知事の頃、都市博が中止になった頃の話といっていたので調べてみました。

△1026話、105巻の7話目に入ってるようです。

アマゾンの電子書籍では、9月23日まで1巻をはじめ10巻以上が無料で読めます。
いま読んでいる人も昔読んでいた人も読み返してみてはいかがだろうか。
無料一覧はこちら。)

ryousanhikaku1_Fotor1
△顔は激変しましたがキャラクターの中身はまったく変わらず。


△1巻を読んで驚きました。古い感じがまったくしません。第1巻は持っていたので、全話覚えてました。ボロボロになるまでなんども読んで最後はカバーも無くなり、最後には無くなってしまいましたが・・。

それにしても寂しいかぎり。
また、昭和が遠のいていくようです。

(日々つむ編集部)









-犬と有名人
-, , , , ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 All Rights Reserved.