動画配信サービス 犬とiPhone

寝る前が至福の時間に… Amazonプライム、Netflix、Hulu、dTV…動画配信サービスのおすすめ比較

更新日:




年末年始の移動中や正月を実家で過ごすとき、定額制の動画配信サービス(VOD。ビデオオンデマンドとも)がおすすめ。iPhoneなどのスマホやiPad(アイパッド)などタブレッドさえあれば、いつでもどこでも観られるから退屈ともおさらば。さらに、AppleTVやアマゾンプライムなら専用のUSB(Fire TV Stick)を持ち歩けば、実家の大画面でワイワイ映画やアニメを楽しむことだってできる。ふだんは、さあ寝るだけ〜になってから映画や海外ドラマを1本観るのが至福の時間になる。

ちなみにアップルTVはこれ。
 △iPhone7plusと比較。画面がついているわけではなく既存のテレビにつなげて視聴する。持ち運べるサイズなので実家でも観られるというわけだ。(wifi環境などの諸条件あり)

実際にやってみると、こうなる。


△Amazonプライムビデオで観られるアニメ「ガンダム」の1stシリーズ。iPadminiでアプリを立ち上げて、再生させる。そのあとにアップルTVのマークをタップして編集部のテレビと同期させて視聴したときの流れ。ワケがわからないという人もいるだろう。

Staffゆうきち
うん、わからん

BIGママ
あたし、どんな正論でもキュレーションとかダイバーシティーとか横文字を並べたててわかりにくく話す人は基本関わらないようにしてるの。例外はルー大柴だけ

みっちー
いやいやいや、横文字といっても商品名だし、ガンダムはロボットの名前だし、タップは指でスマホの画面を押すことだし、シリーズはシリーズだし

BIGママ
スマホの時点で拒否反応。スマホ=わからないモノ

みっちー
今使っているのガラケー?

BIGママ
一応アイフォーン持ってます

みっちー
そのアイフォーンで映画やアニメとかが観られるんだよ。スマホがレンタルビデオ屋さんになるわけ

BIGママ
画面が小さくて観にくそう

みっちー
うん、だからアイフォーンじゃあんま観ないかな。さっき言ったようにアイフォーンのアプリから観たい動画を選んでアップルTV経由の40型テレビで見てる。それかタブレットのiPadミニ

BIGママ
それがナゾ。なに言ってるかわかんない。経由ってなによ。面倒くさいに決まってるし

みっちー
じゃあアップルTVは蛇足だから忘れて。今回の記事は動画配信サービスのどれがいいかっていう話だから

BIGママ
お高いんでしょう?

みっちー
月の定額制で見放題だから安心感はあるよ

BIGママ
月いくらなの?

みっちー
Amazonプライムなら月に換算したら300円ちょっと。dtvは500円、huluとかツタヤは1000円くらい

BIGママ
べらぼうに高いっていうわけじゃなさそうね。まあ、テレビ好きだから見てるヒマはないと思うけど一応話だけでも聞いてみる気になったわ

みっちー
2週間から1か月の無料期間があるから移動が増える年末年始の時期に合わせてとりあえず入っておくのはアリだと思うよ

前置きが長くなったが今回は「動画配信サービス」の始め方を。安いものなら実質325円から始められるので参考にしてほしい。

Amazonプライムビデオ、Netflix、Hulu、dTV…動画配信サービスの始め方とどれに入会すればいいかをオススメを徹底比較

>>>Amazonプライムの無料体験はこちら

動画配信サービスとは?

かつてテレビといえば地上波しかなく受像機はお茶の間に1台。家長に優先権があった家族間でのチャンネル争いは熾烈を極めたのもむかしのハナシ(遠い目)。いまや、地上波は数ある選択肢の一つに過ぎず受像機もスマホを含めて1人に1台以上ある時代となった。

BIGママ
同じ番組を観て一緒に泣いたり笑ったりした一家団欒の風景は「昭和遺産」にくくられそうな勢いよね。お茶の間にあるテレビがどんどん輝きを失ってる

一方で近年利用者が急増しているのが定額制の動画配信サービスだ。ざっくり一言でまとめるとこうなる。

スマホでテレビやレンタルビデオ屋さんを持ち歩くサービス

BIGママ
言い過ぎじゃないのアンタ

みっちー
いやAmazonプライムを利用した48歳の率直な感想、嘘偽りない口コミだね。さっきの見切れてたガンダムシリーズ、子供の頃見損ねてたけどようやく全部見れた。1stシリーズ43話分をレンタルで借りるとすると4000円超えちゃうでしょ。それが実質325円で見放題

BIGママ
実質?

みっちー
Amazonプライムは他とちょっと変わってて年間3900円でプライム会員になると観られるサービスの一つなんだよ。実質のお得感でいうと325円より安くなるかもしれない

BIGママ
月325円は3900円を12か月で割った価格ってことね

みっちー
そういうこと

動画配信サービスはビデオオンデマンドともいい、インターネットの通信環境さえあればスマホやタブレットなどで映画や海外テレビなどの動画がいつでもどこでも観ることができる。わたし(1102tvみっちー)は英語の勉強を兼ねて毎晩布団のなかで海外ドラマや映画をみている。端末デバイスはiPadミニ。内容が面白いと、つい夜更かししてしまうのでおすすめできないが・・・。

Amazonプライム会員なら実質325円で見放題

>>>Amazonプライムの無料体験はこちらの公式サイトで確認していただけます

定額制の動画配信サービスを比較

今回紹介する定額制の動画見放題サービスは、Netflix、Hulu、Amazonプライム、dTV、TSUTAYA TVの5種類。いずれもメジャーなサービスなのでこの中から選ぶといいだろう。では、どれがいいのか比較していこう。

動画配信サービス比較(2016/12/20時点の情報)

Netflix Hulu Amazonプライム dTV TSUTAYA TV
無料期間 1ヶ月間 2週間 30日間 31日間 30日間
月額料金 650円(ベーシック)、950円(スタンダート)、1450円(プレミアム) 933円 325円(実質。税込) 500円 933円
税込 702円(ベーシック、1026円(スタンダード)、1566円(プレミアム) 1007円 325円 540円 1007円
配信数 未確認 約3万(公式) 約3万(検索) 約12万~(公式) 約5万
オフライン再生

Netflixの650円は最低料金。動画の画質で利用料金が変わっていく。どのサービスも2週間から1カ月の無料お試し期間が設けられている。自分に合ったサービスを選ぶには十分の猶予期間があるので実際に利用してみて本契約するか決めるのが賢明だ。では個別に見ていこう。

Netflix(ネットフリックス)

Netflixは、月額650円(税別)〜の定額で、映画やドラマが見放題になる。ポイントは画質に応じて値段が変動すること。

ベーシック スタンダード プレミアム
月額料金 650円 950円 1450円
HD画質 × ✔︎ ✔︎
UHD4K(超高画質) × × ✔︎
同時に視聴可能な画面数 1 2 4
見放題 ✔︎ ✔︎ ✔︎
1ヶ月の無料期間 ✔︎ ✔︎ ✔︎

プランはベーシック650円、スタンダード950円、プレミアム1450円の3コース。料金の差はおもに画質。プレミアコースを選んでも無線環境やデバイスの能力によってはHD画質や4K画質を楽しめるとは限らないので気をつけてほしい。画質にこだわらない人は「ベーシック」か「スタンダード」になる。当編集部なら光のWi-Fi環境があるのでベーシックよりスタンダードプラン一択。appleTVを通して40インチのテレビでもストレスなく観られる。ベーシックはiPhoneやアイパッドなどの小さな画面で見る人用になるだろう。HD画質じゃないと大画面はつらい。ストーリーより画質が気になって集中できない。

表にある「同時に視聴可能な画面数」もポイントだ。これは、家族が同じ時間に別の映画やドラマを楽しめる数を意味する。プレミアムなら家族4人が別々の作品を視聴できるのだ。Huluにはないストロングポイントだろう。

・オリジナル作品が充実している
・海外の映画やドラマが充実
・いつでもキャンセルOK
・大画面テレビがあれば4K画質で大迫力の映画を楽しむこともできる(対応デバイス)
・映画に英語字幕が用意されているので英語の勉強にも利用できる
・アメリカではHuluよりメジャーな存在

オリジナル作品は海外モノだけではない。日本発の作品が充実しているのも特徴だ。

(画像引用:公式サイトのスクリーンショットより)

△有名なのは又吉直樹原作の芥川賞受賞作「火花」だろう。初のドラマ化がまさかのNetflix。地上波でヘビーローテーションされたCMを覚えている人も多いのではないだろうか。ほかにも熱烈な固定ファンを持つテラスハウスや深夜食堂のオリジナルストーリーなどもあるので無料視聴キャンペーン中にチェックしてほしい。

・App Storeからダウンロード

Netflix
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

・google playからダウンロード

Hulu(フールー)

VODの動画配信サービスといえばHuluを思い浮かべる人も多いのではないだろうか。日本テレビグループなので「ガキの使いやあらへんで」「旅猿」など日テレの番組が充実しているのがポイント。といっても他局もまあまあ観られる。933円(税別)で3万本の映画・ドラマ、バラエティーが見放題。同一アカウントで同時視聴は不可。Netflix(ベーシック除く)やAmazonプライムのように家族は視聴できない。

・インターネットに接続したテレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンから3万本が見放題
・海外作品はもちろん国内のテレビ番組が充実している(とくに日本テレビ系)
・無料お試し期間は2週間
・無料登録の段階でクレジットカード情報を入力する必要がある
・主なコンテンツ
ウォーキング・デッド、地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子、ゲーム・オブ・スローンズ、デスノート、プリズンブレイク

>>>Huluの無料体験はこちら。公式サイトなで安心してチェックしていただけます。

dTV(ディーティービー)

dTVは、docomo(ドコモ)とavex(エイベックス)が運営する動画配信サービスだ。料金は月額500円。ドコモじゃなくても利用できる。auやソフトバンクでも。作品数は12万本以上と他サービスより断然多い。見放題以外の作品も多い。AppleTVから視聴可能。デバイスは5台まで登録できるが同時視聴は不可となっている。ダウンロード機能があるので外出時にオフラインで再生できる。これがdTV最大の魅力かもしれない。

・おそ松さんやアンパンマンをはじめアニメに力が入っている
・見放題以外の作品は有料
・ダウンロード機能でオフライン再生可能
・無料お試し期間は31日間
ゴッドタンdTVオリジナル / 闇金ウシジマくんオリジナルドラマ / ウォーキング・デッド / それいけ!アンパンマン / おそ松さん on STAGE

>>>dTVの無料体験はこちら。公式サイトなので安心してチェックしていただけます。

Amazonプライムビデオ

Amazonといえば2016年、2000円以下の配送料が突然無料から350円に変更され物議を醸した。ただしプライム会員なら配送料は無料のまま。

>>>【amazon】2,000円以下の配送料「無料→350円」に。無料を継続できる「プライム会員」と一般会員の違い&調べ方

プライム会員になるための費用は年間3900円。月に換算すると325円。プライムビデオは配送料無料と同じでサービス特典のひとつになる。特典はこちら。

・配送特典
お急ぎ便、お届け日時指定便が使い放題。お急ぎ便で注文した商品を、店頭でも受け取れる。対象の予約商品もお急ぎ便で発売日にお届け。飲料などの対象の特別取扱商品の取扱手数料も無料。
・Kindleオーナーライブラリー
Kindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットをお持ちの場合、対象のKindle本から好きなタイトルを毎月1冊無料で楽しめる。
・プライム・ビデオ 映画もTV番組も見放題。テレビ、パソコン、モバイル端末、ゲームコンソール等のデバイスで楽しめる。Kindle Fireならビデオをどこへでも持ち歩ける。
・プライム・フォト カメラ
携帯で撮った写真を何枚でも保存できます。 専用のAmazon Photo無料アプリをダウンロードすれば、自動に保存したり、写真を撮ったその場でFacebook, Twitter, LINEにて家族や友人と共有することも。
・Prime Music
100万曲以上が聴き放題。お気に入りの楽曲や音楽の専門家が選曲した数百のプレイリストを追加料金なし。
・会員限定先行タイムセール
通常より30分早くタイムセールに参加可能。お得なタイムセール商品が購入しやすくなり、Amazonでのお買い物をさらに楽しめる。
・Amazonパントリー
食品・日用品を中心とした低価格の商品をひとつから必要な分だけ、ひと箱あたり290円の取扱手数料でお届けし。 Amazon定期おトク便 おまとめ割引 日用品、サプリ、食品など対象商品を3個以上まとめて発送で最大15%OFF。

プライム会員なら追加料金なしでプライム対象のビデオが見放題になるほか、Prime対象のMusicが100万曲以上が聴き放題や、お急ぎ便、お届け日時指定便が使い放題など様々なサービスを利用することができる。はっきりいって激安だ。今後の不安はある。いずれ年会費3900円が値上げされる可能性が高いことだ。というのもアメリカでは99ドル。年会費が1万円を超えてしまっている。huluも年に換算すれば税込で12000円を超えてしまうので高いとはいえないかもしれないが・・。

・月325円(実質)と最も安い
・音楽100万曲以上が聴き放題や配送料無料など他のサービスも享受できる
・Appleテレビなどとも連動
・他のデバイスでも自動的に「続き」から視聴できる
仮面ライダーアマゾンズ / はぴまり~Happy Marriage!?~ / 勇者ヨシヒコと魔王の城 / 福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY- / 映画「ビリギャル」

>>>Amazonプライムの無料体験はこちら

オリジナルコンテンツのダウンタウン松本人志の企画「ドキュメンタル」も話題。6時間密室で閉じ込められた芸人たちが笑ったら負けのガチバトルを繰り広げる。

TSUTAYA TV

月額933円(税抜)はHuluと同料金。TSUTAYAのほぼすべての動画をオンラインで視聴できる。新作も、毎月もらえる動画ポイント(1080pt)を利用すれば月額の料金内でみられる。

・ツタヤの実店舗にあるほぼすべてのビデオが観られる(約5万本)
・(つまり大人向けのビデオもある)
・新作なども毎月付与される動画ポイント(1080pt)を利用して見ることができる。
・動画ポイントは入会翌日の正午まで、契約更新当日の正午までに付与される
・動画ポイントの有効期限はポイント付与から45日間。
・ダウンロードしてオフ再生が可能
・倍速再生できる

>>>ツタヤTVの無料体験はこちら。公式サイトなので安心してチェックしていただけます。

まとめ

もういちど比較した表をご覧いただきたい。

Netflix Hulu Amazonプライム dTV TSUTAYA TV
無料期間 1ヶ月間 2週間 30日間 31日間 30日間
月額料金 650円(ベーシック)、950円(スタンダート)、1450円(プレミアム) 933円 325円(実質。税込) 500円 933円
税込 702円(ベーシック、1026円(スタンダード)、1566円(プレミアム) 1007円 325円 540円 1007円

無料期間の長さならHulu以外、月々の料金で選ぶならAmazonプライム、作品の多さならdTV、移動中のオフライン視聴ならツタヤやdTV・・・となるが、やはり試してみなければ分からないことも多い。個人的にはAmazonプライム推しだが、それはいま利用して楽しめているからに他ならない。

ちょいちょい空き時間が出来る年末年始。動画配信サービスで有意義な時間を過ごしてほしい。移動中に利用するときはイヤホンを忘れずに。当編集部には忘れるたびにコンビニで購入したイヤホンが10本はあるぞ。

(日々つむ編集部)









-動画配信サービス, 犬とiPhone
-, , , , , ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 All Rights Reserved.