犬とキッチン 食べていいもの

【わんこの旬食材】愛犬はいちご(苺)を食べても大丈夫?含まれているキシリトールとシュウ酸の注意点まとめ

更新日:




コレ美味しい♪と思ったものは愛犬にも食べさせたい。旬を意識してOKなもの、NGなもの、作り置きのちょい足しメニューなども紹介しています。
今回は、いちごです。

“犬編集長”
いちごは大好物だYO!

犬は苺を食べていいの?

結論からいうと、犬はいちごを食べても大丈夫です。


△食べさせてます。いちごでいちばん甘い、先の部分だけを食べます。先の部分以外も一瞬においをかぎましたが、舐めることすらしません。いちど味をしめるとグルメになるので潰してあげるなどして与え方を工夫してみてください。

旬は?

旬カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

ハウス栽培も増えて年中食べられるようになりましたが、冬から春にかけてが旬の時期です。露地モノなら5月と6月が旬。

栄養は?

おもな成分はこちら。

・ビタミンC
・アントシアニン
・ペクチン

風邪予防や美肌効果を期待できるビタミンCが豊富です。同量ならレモンと同じか上回るほど。人間なら大ぶりのものなら5,6粒ほどで1日分の必要量を摂取できます。人間と同じでコラーゲンの生成を補うので皮膚トラブルを抱えているワンコは意識したい成分になりますアントアニンは赤い色素。抗酸化作用があるので老化防止や眼精疲労にも効果を期待できます。貧血気味ならば摂りたい成分の鉄や葉酸も含まれています。

量は?

ざっくり、1粒なら与えてもOK。先のほうしか食べない犬編集長のようなワンコには、つぶして与えれば喜んで食べてくれるはずです。丸まんま与えるのは喉に詰まらせるかもしれないので気をつけてくださいね。

注意するポイント

専門家やメディアによっては以下の成分が含まれているので注意が必要と指摘しています。

・シュウ酸
・キシリトール

含まれているのはシュウ酸とキシリトール。シュウ酸といえば尿路結石症などの結石の元になるものです。人間なら発症すれば激痛を伴うことでもおなじみですよね。

実は、シュウ酸が含まれる食材は与えないほうがいいとされてきた時期がありました。現在でもほうれん草などシュウ酸が含まれる食材は与えないほうがいいと指摘する専門家もいます。ただいちごの場合は微量であり、含まれているかた注意というのは大げさすぎるという意見が大勢を占めています。どんな薬でも量を間違えれば毒になる、ということです。
尿路結石症について、リサーチした中で参考になると思った記事はこちら

昔は、シュウ酸の多い食物を食べない、カルシウムを減らすなどと言われていた時期もありましたが、犬の場合はほうれん草や小松菜以外にシュウ酸が多い食物を多量に摂取する機会がなく、食事によるシュウ酸の摂取と結石の関連性は少ないと言われています。
予防には、シュウ酸が腸で吸収されて血液中に入る前に、腸内でカルシウムと結合させ便として排泄させること、消化が良くミネラルバランスの良い食事をとることが必要です。

(出典:ナチュラルハーベスト

キシリトールも同じです。天然の成分はいちごなどの果物はもちろんレタス、ホウレン草などの野菜にもキシリトールが含まれています。しかし、それは微量。人間の場合、肝臓でも生成されるもので存在自体が毒ではありません。歯の健康にいいとされてガムになるくらいですしね。
しかし、犬にとってキシリトール入りガムは危険です。

FDAの報告書によると、キシリトールは人間には安全だが、犬が大量に食べるとすい臓から多量のインスリンが体内に放出される。インスリンは糖分を細胞の中に取り込んでエネルギーに変える働きがあるが、どんどんインスリンが出てしまうために、急激に血糖値が下がり、肝細胞が壊死(えし)する肝不全を引き起こす。

食べてから30分以内に嘔吐、ふらつき、虚脱、けいれん、発作などの症状が現れ、最悪の場合は1日以内で死に至る。FDAは「キシリトールは犬にとって致命的な毒になる」という強い表現を使って食べさせないよう求めた。

(出典:Jcastニュース
いちごとは比べものにならない量のキシリトールがガムには含まれています。
キシリトールを多量に体内に取り込まれると、血糖値が急激に下がり、いわゆる低血糖の状態になります。人間でも低血糖になると昏倒して意識を失うケースがありますよね。キシリトールの取りすぎは命の関わりかねない成分で絶対NGです。

2粒で体調を崩したという報告もあります。

キシリトールによっておこされる低血糖はブドウ糖のもとになる食事が同時に与えられていると起こりにくいようです。逆にいうと単独でキシリトールを食べた場合、食べた量が少量でも危険だと考えられます。一般的なキシリトール入りのガムには1粒に約0.6gのキシリトールが入っています。2粒のキシリトールガムでもう1.2gです。中毒を起こす用量や条件などはまだはっきりしませんが、犬にキシリトールは食べさせない方が良いでしょう。

(出典:埼玉県獣医師会
量も問題ですが、単体で食べた場合に、より危険性が高まるようです。

いちごは、犬編集長レベルで1粒なら問題はありません。

犬といちご、まとめ

・いちごは食べてもいい
・ビタミンCが豊富でカロリーも低い
・おやつに与えるなら1粒程度

(※量は犬編集長・トイプードル・3.7キロで換算)

“犬編集長”
いちごのヘタは取り除いてちょーだいYO!

※犬編集長のトイプードル(3.7キロ)の目線なので、犬種やサイズによって量などは異なります。

(日々つむ編集部)

犬と食べ物について

ワンコに与えるときの基本です。

・食べていいからといって食べ過ぎては意味がありません。どんな薬も量を間違えれば毒になる、ということです。
・果物は熟したものを。
・酒類はたとえ一滴も絶対NGです









-犬とキッチン, 食べていいもの
-, ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 All Rights Reserved.