犬と有名人 犬を飼う

【追悼写真】DASH村の北登クンが東京で過ごした6年の余生が教えてくれたこと【保護犬】

更新日:




お散歩で会っていたDASH村の看板犬・北登(ほくと)クンが旅立ちました。2011年3月の東日本大震災から6年たった17年早春…16歳でした。すでにお葬式も営まれました。
亡くなってから1か月以上たった3月26日(日)の放送で公にされたのを機に記事を公開します。

“犬編集長”
ホクトはガチでイイヤツだったYO!(T ^ T)

DASH村の北登くんが東京で過ごした6年の余生から学べるコト

北登くんとは?

プロフィール
名前 北登(ほくと) 2001年1月21日放送の『自分の力で家はつくれるか?』という企画で、番組に初登場。

山口が大工修行中、家づくりの第一歩として「犬小屋」をつくった際、その小屋の主として迎えられた。

山口がつくったがっしりとした小屋を気に入り、通常はここで生活。日中は家の中や畑など所狭しと駆け回っている。
好きな食べ物は、ゆでた大豆や豆腐。性格は、やんちゃ。

2010年に10歳になり、人間で言うと55歳前後に。相変わらずやんちゃに村中を駆け回っているけれど、ばてる時間も早くなっている。大豆や豆腐の他に、最近では玄米や干し大根を使った料理も大好物のよう。まだまだこれからも元気に駆け回ってくれればと思います。

震災以来、東京での生活が続いているが、大分慣れた様子。
高齢になってからの、環境の急激な変化に始めは少し心配したけれど、問題はなさそうです。ただ、村では、よく駆け回っていたけれど、東京ではなかなか駆け回れず、最近は少し太り気味。

2017年2月17日 永眠

生年月日 2000年9月22日生まれ
犬種 柴犬
毛色
性別 オス
年齢 16歳 5ヶ月

(出典:公式サイトより

環境の急激な変化に始めは少し心配したけれど、問題はなさそうです。ただ、村では、よく駆け回っていたけれど、東京ではなかなか駆け回れず、最近は少し太り気味。

と、公式サイトでも記されているように誰もが常にリードで繋がれる東京での暮らしを心配したのではないでしょうか。

北登クンとのたった1枚の写真

北登クンは2011年の震災後、福島のDASH村から都内にお引っ越し。スタッフの親族のもとで過ごしてきました。住み慣れたDASH村を離れて慣れない都会暮らし。当初はかなりのストレスがあったことでしょう。でも、6年間を東京で過ごし16年という天寿を全うしました。人間に換算すれば90近い高齢です。

東京での6年、北登くんはどんな暮らしを送っていたのか、日々つむ編集部が言える範囲で知っていることをご紹介します。
 △犬編集長と挨拶をかわす2015年の写真。DASH村の北登くんなんですよ〜と気さくに教えてくれたのがきっかけでした。

近隣には少しでもストレスなく過ごさせたいという空気が生まれていて、適度な距離感をもって接してきました。被災犬&スター犬ということがあったのでしょう。SNSの時代に珍しいことかもしれませんが、近所のみなさんは「できるだけ平穏に」という暗黙のルールに従っていました。

DASH村がどこにあるか分からないように、東京でも過ごしていたことになります。

東京に来てからの北登クンは?

北登クンは2011年の震災を機にDASH村に住むことができなくなりました。そのとき10歳。人間でいえばシニア世代です。番組のスタッフに引き取られた北登クンは東京で暮らし始めました。実際に面倒を見ていたのはスタッフの関係者。

かわいそうだから、とその方は毎日の散歩は欠かさず北登クンの面倒をみてきました。番組では名前も出てましたね。北登クンと挨拶をかわした近隣のワンコや飼い主たちは、みんな北登クンのことが好きになりました。なぜなら北登クンはいつだって人間にも犬にもフレンドリーで優しく接してくれたからです。小型犬のなかにはけたたましく吠える子もいましたが、北登クンは吠えかえしたり威嚇することもなく、落ち着くのをずっと待っていてくれました。トイプードルの犬編集長も北登クンのことが大好きでした。

そこには東京にいても変わらないDASH村の北登クンがいました。TOKIOや三瓶さんをはじめとする地元の方、スタッフの愛情をもって育てられ、田舎育ちでも都会に適応するだけの社会性を身につけていたんです。野山を駆け回ることより、日々愛情を注いで暮らすコトが大切なことをわたしたちは北登クンから学びました。

DASH村の10年と東京の6年

DASH村で過ごした10年と、東京で過ごした6年。どちらが幸せだったかと考える方もいるのではないでしょうか。番組では野山を自由に駆け回る姿(DASH村)とリードにつながれて散歩する姿(東京)が映っていました。ほとんどの方は・・・

野山を駆け回るほうが幸せ〜

と思うのではないでしょうか。そして自由を奪われた東京での暮らしがカワイソウだと・・・。

北登クンの本当の気持ちはわかりません。でも犬は人間に依存しなければ共存できない生き物です。毎日お散歩してくれる人がいて、ご飯を食べさせてくれる人がいて、トイレの始末もしてくれる人がいる・・・。そんな東京での暮らしは例えリードにつながれていても不幸せではなかったように感じます。大好きな飼い主がそばにいるだけでワンコは幸せなのです。実際に犬を飼っている方なら共感していただけることではないでしょうか。

すべては10歳になってから日々面倒を見てくれた新たな飼い主さんのおかげです。

北登クンが教えてくれたコト

北登クンが生きた16年の軌跡から学べるコト。それは飼い主の愛情があっていつもそばにいてくれれば、環境が変わろうとストレスなく過ごせるというコト。

もし犬を飼いたいと思ったら、まずは保護犬を選択肢に入れてみてはいかがでしょう。引越しや世話が大変など身勝手な都合で捨てられてしまった犬たちがいます。でも、北登クンのようにシニアになってもチャーミングなワンコがいっぱい待っているんです。

>>>初めて子犬を迎える当日までにやっておく必要なこと、後回しでいいことまとめ

東京で過ごした6年の余生、わたしたちからみた北登クンはとっても幸せでしたよ〜。

きっと今は三瓶明雄さんのそばで、野山を駆け回っていることでしょう。

“犬編集長”
サンキューホクトー!

(日々つむ編集部)




サイト内を検索

人気の投稿とページ




サイト内を検索

人気の投稿とページ



おすすめ記事

1

このドッグフードでいいのかな…。そんな心のどこかに不安が消えない人のための記事です。犬編集長(トイプードル・4歳)は母乳からはじまり、成犬になってから5回チェンジ。ローテーションを意識したわけではあり ...

2

この記事では犬を飼ったことがない初心者の飼い主が、実際に犬と出会って飼い始めるまでにどうすればいいのか、具体的に当日までにやっておくべきことをまとめて解説している。まとめ、といってもすべての情報はわが ...

3

犬との出逢いに恵まれ、いよいよ家族として迎えることになった当日に、あれ?よく考えたらどうすればいいかわからないし不安になってきた…という初心者の飼い主もけっこういるのでは? なんとかなると思って何も勉 ...

4

ぺットOKのホテル選びは旅の思い出を特別なものにするとても大切な要素になります。通常の宿泊費用より高めに設定できることもあり、最近はずいぶんとぺット可のホテルが増えてきました。その一方で、需要に対応す ...

5

愛犬とのピクニックにもすぐ持っていけるお弁当に早変わり!TBS「金スマ」(2016年11月11日)で伊藤かずえさんや「ばあや」こと紫吹淳さんのマネージャーが挑戦していた「作りおきダイエット」。運動ゼロ ...

6

ついに10月25日からApple Payがスタート、iPhone7でSuicaが使えるようになった。日々つむでは、オートチャージ機能が使えるのかを中心にこれまでいくつかの記事を提供してきた。そしてこの ...

7

ぐちゃぐちゃに絡まったコードにイライラしたことはありませんか?NHK 「あさイチ」(2015年2月15日放送)の「巻く」特集の中でスタジオカメラマンが伝授する「コードの巻き方」を紹介していました。・・ ...

8

楽天カードマーン♪のCMでおなじみの楽天カード。当初はApple Payには対応しないとみられていましたが・・・  △対応しました!  これでApple Payを利用できて、年会費無料で、楽天市場はも ...

9

有機野菜の食材宅配で知られるOisix(オイシックス)お試しセットを注文しました。 届いたセットがこちら。  △お試しセット1980円。 愛犬と飼い主の健康は食べ物と水から。有機野菜の食材宅配で知られ ...

-犬と有名人, 犬を飼う
-, , , , , , ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 All Rights Reserved.