犬とキッチン 食べていいもの

【わんこの旬食材】愛犬にバナナを食べても大丈夫?含まれているカリウムやオリゴ糖などの注意点まとめ

更新日:




コレ美味しい♪と思ったものは愛犬にも食べさせたい。旬を意識しながら、OKなものやNGなもの、作り置きのちょい足しメニューなども紹介しています。
今回は、バナナです。

“犬編集長”
ゴシュジーン、バナナはおやつに入りますかっ?

犬はバナナを食べていいの?

犬はバナナを食べても・・・大丈夫です。


△最初、匂いを嗅いで戸惑っている様子でしたが手渡して与えると美味しそうに食べてくれました。黄色いくなり、シュガースポットといわれる黒い斑点ができたら食べごろ。犬編集長はもっと黒くなってましたが・・

旬は?

旬カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

旬は意識しなくてOK。大半はフィリピンや台湾からの輸入モノで通年食べられます。

栄養は?

おもな成分はこちら。

・カリウム
・オリゴ糖
・ポリフェノール

マラソンやトライアスロンのレース中にバナナを食べている光景を目にすることがよくあります。これはバナナに含まれる果糖がすぐエネルギーになるからです。腸内の善玉菌を元気にするオリゴ糖や食物繊維も豊富なのでお腹の具合がいまいち&便秘気味のワンコにオススメです。血圧を下げる効果を期待できるカリウムや抗酸化力で知られるポリフェノールも含まれているので老化防止や免疫力の向上にも。

量は?

犬編集長クラス(3.7キロ)で15〜20g程度まで。もちろん皮はむいて、一口サイズにして与えます。かたまりを与えるのは喉に詰まらせるかもしれないので気をつけてくださいね。

バナナの食品成分表
エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物
17kcal 0.2g 0g 4.5g

(※20gあたりで換算)

 

注意するポイント

量と大きさを気をつければ注意することはありません。糖質が多いので与えすぎないようにします。

・糖質

また、食物繊維が豊富なので与えすぎるとお腹がゆるくなることがあります。

犬とバナナ、まとめ

・バナナは食べてもいい
・便秘や疲れ気味なときにおすすめ
・おやつに与えるなら15〜20g程度

(※量は犬編集長・トイプードル・3.7キロで換算)

“犬編集長”
バナナは日本語?

※犬編集長のトイプードル(3.7キロ)の目線なので、犬種やサイズによって量などは異なります。

(日々つむ編集部)

犬と食べ物について(共通事項)

ワンコに与えるときの基本です。

・食べていいからといって食べ過ぎては意味がありません。どんな薬も量を間違えれば毒になる、ということです。
・果物は熟したものを。
・酒類はたとえ一滴も絶対NGです




サイト内を検索

人気の投稿とページ




サイト内を検索

人気の投稿とページ



おすすめ記事

1

このドッグフードでいいのかな…。そんな心のどこかに不安が消えない人のための記事です。犬編集長(トイプードル・4歳)は母乳からはじまり、成犬になってから5回チェンジ。ローテーションを意識したわけではあり ...

-犬とキッチン, 食べていいもの
-, ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 All Rights Reserved.