犬とキッチン 食べていいもの

【わんこの旬食材】愛犬は栗を食べても大丈夫?渋皮はNGなど注意点まとめ

更新日:




コレ美味しい♪と思ったものは愛犬にもちょっぴり食べさせたい。旬を意識しながら、OKなものやNGなものを犬編集長目線でメモしています。
今回は、栗(くり)です。

“犬編集長”
栗でエネルギーチャージだYO!


(撮影:staffゆうきち)

犬は栗を食べていいの?

犬は栗を食べても・・・OKです。でんぷんや糖質のショ糖やブドウ糖などの甘みがあり、その糖質をビタミンB群が代謝を促進するので効率良くエネルギーを補給することができます。必ず渋皮を取り除き、加熱したものを与えるようにしましょう。

加工品は与えないほうが無難です。

旬は?

旬カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

産地は茨城県や熊本県、愛媛県などが有名です。もちろん、旬は秋。皮が茶褐色でツヤがあり、重みを感じるものを選びます。日持ちするイメージがありますが、収穫してからは日を追うごとに乾燥し味が落ちていきます。早めに食べきるようにします。生のまま保存するときは、水に浸けると冷蔵庫で1か月程度はもちます。火を通してから冷凍するのもアリ。

栄養は?

おもな成分はこちら。

・でんぷんやショ糖などの糖質
・ビタミンB群
・食物繊維

糖質とビタミンB群のコンビネーションにより、エネルギー補給をスムーズにできます。また、食物繊維も豊富なので、便秘の改善効果も期待できます。また、デンプンのおかげで加熱しても栄養成分があまり損なわれません。秋の味覚として食べたい旬の食材になります。

与え方や量は?

犬編集長クラス(3.7キロ)で15g程度。1個くらいはいいと思います。丸々だと大きすぎるので細かくしてから与えるようにします。渋皮は取り除いてから。渋皮にはタンニンが含まれていて抗酸化作用があるので年を重ねた飼い主は渋皮煮など意識して食べてもいいでしょう。ただし、糖質が高いので食べ過ぎは気をつけたいところです。

栗の食品成分表
エネルギー 水分 タンパク質 脂質 炭水化物
33kcal 11.7g 0.7g 0.1g 7.3g

(※20gあたりで換算)

注意するポイント

栗はカロリーが高く、食べ過ぎると太ります。ま、なんでも食べ過ぎたらダメですが・・・。

・カロリーが高い
・糖質が多い
・渋皮煮などの加工品はNG

くれぐれも食べ過ぎでには注意してくださいね。

犬と栗、まとめ

・栗は食べてもいい
・皮はむき、加熱してから
・効率的なエネルギー補給にぴったり
・おやつに与えるな15g程度 1粒くらい

(※量は犬編集長・トイプードル・3.7キロで換算)

“犬編集長”
栗は自然の甘さがたまらないYO!

(日々つむ編集部)


犬と食べ物について(共通事項)

※犬編集長のトイプードル(3.7キロ)目線なので、犬種やサイズによって量などは異なります。
※犬編集長は1日分の食事量を体重×1.7%で計算しています。だいたい62グラムくらいを1日2回に分けて食べています。2%や2.5%で計算しているワンコもいます。個々の愛犬に合わせて与えるようにしてください。参考までに。

ワンコに与えるときの基本はこちら。

・食べていいからといって食べ過ぎては意味がありません。どんな薬も量を間違えれば毒になる、ということです。
・果物はわざわざ与える必要はありません。飼い主の「ついで」程度です
・果物は熟したものを。
・どんな食材でもアレルギーを起こす場合があります。体を頻繁にかく、かゆがる、目が充血する、吐く、下痢、湿疹やじんましんが出たら要注意。すぐに動物病院で相談しましょう。
・酒類はたとえ一滴も絶対NGです









-犬とキッチン, 食べていいもの
-, , , ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 All Rights Reserved.