ドッグフード・手作りごはん 犬と暮らそう

【2018春ver】28種類のドッグフード比較ランキング「安心」「安全」「コスパ」目線で独自査定まとめ

更新日:

儲けることしか考えていない業者もいるドッグフード。世知辛い世の中、愛犬家の不安は付きません。

そこでドッグフードを「安心・安全・コスパ」目線で徹底調査、わかりやすくするために数値化して独自のランキングにしました。

犬編集長
後悔したくないならちゃんとチェックしてくれYO!

一目でランキングだけ知りたいという方はこちらの記事にまとめました。

飼い主目線…愛犬の安全安心コスパをバランスよく考えた人気おすすめドッグフードの選び方まとめ

いきなりクイズーっ

これから飼う人、飼ったばかりの初心者に向けてドッグフードにまつわる基本知識クイズです。

10のチェック項目、あなたはどっち?

  1. 国産と外国産なら国産を選ぶ
  2. 一番多く入っている原材料を知らない
  3. そもそも原材料を気にしたことがない
  4. 原材料の表示を見たことがない
  5. 人気ランキングで選んでいる
  6. 肉類より穀物や野菜が多いほうが体にいい
  7. ドライフードなので賞味期限を気にしたことがない
  8. 何がよくて何がわるいのか分からない
  9. 不安はあるけど食いつきがいいので与えている
  10. ドッグフード選びで最優先するのはコスパ

実はこのクイズ、たった1つでもあるという方は、安全安心のドッグフードを与えていない可能性が高まります。 「市販のドッグフードなんだから大丈夫じゃない?」という半信半疑の方、こんな質問をしたらどうでしょう。

子どもにインスタント食品家庭料理、与えるならどっち?

かわいい子供や孫に「添加物だらけのインスタント食品30品目の家庭料理」どっちを食べさせますか? ワンコも同じなんです。

ドッグフードにはインスタント食品ばかり与えるのと同じような添加物満載のものが当たり前のように市販されています。

それを教えてくれるのが、パッケージに明記されている原材料表示。
見てもよく分からない人も多いかもしれませんが、一度覚えればすぐにポイントをチェックできます。 それは安心・安全・コスパの3つの基準。 これでカップラーメンか、大衆食堂か、ファミレスか、三ツ星レストランかが判断できるんです。

パッケージに必ず明記されている原材料などの表示の見方、手を出してはいけない添加物の一覧、そして、ドッグフード選びの基準を独自の採点法でまとめました。

愛犬の健康長寿とコスパのバランスを考えたドッグフード選びは人気ランキングに左右されてはいけません。「儲け」しか考えていない偽りのランキング比較サイトが目に余るほど乱立しているのが実情です。

愛犬の体質や個性に合わせた健康寿命を延ばすドッグフードとの出会いが大切。 人気ランキング1位は、あなたのワンコにとっての最下位かもしれないんです。

犬編集長(トイプードル・4歳)は母乳からはじまり、成犬になってから5回チェンジ。口に入れるもの=健康の観点から、安心と安全を最優先に選んできました。

その実体験やワン友に聞いた正真正銘の口コミを踏まえておすすめのドッグフードを点数で評価しました。

犬編集長
ぼくのドッグフードは最近変わったらしいYO!

パッケージのラベル表示の見方

愛犬の個体に合ったドッグフード選びの一歩はパッケージに書かれている表示を正しく見ることから始まります。  いっぱい書かれてあって何がなんだか…という方も安心してください。 ペットフード安全法という法律で、日本語での表示が義務付けられています。

・1犬用or猫用 ・2フードの目的 ・3原材料 ・4成分表示 ・5給与方法 ・6賞味期限

1はもちろん「犬用」

2「フード」の目的は「総合栄養食」や「療法食」、「間食」などの食事の目的を明記したものです。

5「給与方法」は1日に与える総量。2食なら半分ずつ。個体によって微調整が必要です。

一番気にしてほしいのは「3原材料」「4成分表示」 

Staffゆうきち
字がいっぱい…見る気すら起きないんですけど
BIGママ
だいじょうぶよ。基本をおさえれば難しくないから
表示義務は、原材料はもちろん添加物を含まれています。愛犬が口にするものの情報がすべて詰まっているので、必ずチェックしましょう。

いっぱいありすぎて分からないという方は、まず先頭に書かれているものを見てください。量が多い食材ほど先に書くことがルールで決まっているからです。

つまり、最初に書かれるものがメインディッシュ=主原料になります。とんかつなら「豚肉」ですね。

犬編集長
ぼくは何を食べているの?
犬編集長はいま、「シュプレモ」から「NOW FRESH スモールブリード」にチェンジしたばかり。NOW FRESH ナウフレッシュ スモールブリード アダルト 1.81kg

主原料は・・・

ターキー(生・骨抜き・七面鳥)、鶏卵(乾燥・全卵)、エンドウ豆、エンドウ豆粉、ポテト、ポテト粉、天然香料(チキン由来)、フラックスシード、リンゴ、キャノラ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、サーモン(生・骨抜き・鮭)、ダック(生・骨抜き・鴨)・・・・

犬編集長
ターキー!?
Staffゆうきち
七面鳥だよ。高タンパク低脂肪だからね
「生、骨抜き、七面鳥」…生と七面鳥?生で骨を抜いた七面鳥、という意味。こういう表記はとても珍しいパターンです。

<100%フレッシュミート使用>新鮮なターキー、ダック、サーモンの生肉だけが主タンパク源。ミートミール(乾燥肉粉)や副産物などを一切使用していません。(公式サイトより)

生肉にこだわるのは本来、狩りをして生の肉を食べてきたから。加熱したらワンコに必要な栄養素が取れないという考えに基づいています。こだわりが感じられて安心が増えましたよ。

これがドッグフード選びの参考になる主原料の表示です。

商品によって全然違うのでパッケージを見て必ず確認してください。  4の成分表示は、タンパク質、脂質、粗繊維(小腸で消化されない炭水化物)、灰分(ミネラル)、水分の重量比をパーセント(割合)で表示したもの。

画像はシュプレモでタンパク質は24%以上。低価格のドッグフードほどタンパク質も低くなる傾向があります。

原材料と量の配分はドッグフードの数だけ異なります。これが人気商品やランキングの上位だからといって必ずしもいいとは限らない理由の一つ。

糖質制限をしている人がラーメンチャーハンを食べないように、犬それぞれに合わないドッグフードは確実に存在するのです。例えば、肥満が大敵のダックスフントなどの長胴短脚の犬種がまいにち主原料が穀類の炭水化物祭りしちゃっていいんですか?というハナシです。

ドッグフード選びは主原料と成分量比のチェックから始めるべし

Staffゆうきち
欧米のドッグフードにターキーが使われるのは、クリスマスがチキンじゃなくてターキーのように馴染みがあるからなんだよね

犬編集長
じゃあおいら、毎日がクリスマスだYO!

ちがうとおもいます。

この原材料表示に注意

合成着色料

主原料以外にも見るポイントは添加物です。その一つ、合成着色料は犬が食べなくていい原料です。

日本で認められているのは12種類。その一部で発がん性の問題があるのではないかと指摘されている着色料があります。日常的に摂取するのは寿命を縮めることにつながりかねません。 まして体が小さいワンコのこと、意識して避けたいですよね。

海外ではヒトへの使用が禁止されているのに日本ではOKなものがあると聞いたときはゾッとしました。人間でNGなんですから体の小さい犬への影響は計り知れません。以下、リストです。

赤色2号〜おもに欧米で使用禁止。発がん性、妊娠しづらくなるなど
赤色3号〜おもに欧米で使用禁止。血液に問題が生じるなど
赤色40号〜発ガン性など
赤色102号〜じんましん、赤血球の減少など
赤色104号〜発ガン性など
赤色105号〜食欲低下、肝機能の異常など
赤色106号〜発がん性など
・黄色4号〜影響低
・黄色5号〜影響低
・緑色3号〜影響低
・青色1号〜影響低
青色2号〜発がん性、アレルギーなど

とくに、赤色102号と青色2号を使用しているドッグフードは購入を控えるほうが無難です。量自体は少ないので原材料表示の下に明記されていることが多いです。ドッグフードは国産だから安心というわけではない理由の一つになります。

防腐剤(酸化防止剤)

カビや細菌の増殖を防ぐために用いられる防腐剤。なかには、大量に摂取したり、微量でも長い期間摂取したりすると発がん性のリスクがアップするものがあるといわれています。

具体的には、エトキシキンBHABHTの3種類とソルビン酸カリウム
ソルビン酸カリウムはマウス実験の結果などから危険性を指摘する人が多い疑惑の添加物です。
BHAと BHTは上限値150μg/g以下、エトキシキンは75μg/g以下と摂取量の上限が設けられています。
とくに、エトキシキンはNG。 上限がある防腐剤が入ったドッグフードをずっと食べさせる勇気はありません。

商品パッケージは食品添加物の表示をチェックすべし

こうした食品添加物はすべて悪いというわけではありません。例えば、無添加のドッグフードはドライフードでも開封後は酸化しやすく管理が大変です。メーカーのなかには、小分けにした商品を出しています。

0か100で良い悪いを判断するのはなく、確率の問題として捉えてください。気にし始めると何も食べられなくなってしまいます。

○○ミール

食用の身を取り除いて残った木っ端肉や骨、内臓などを集めて作られているのがミートミールや肉ミールと呼ばれるもの。
ですから・・・

○○ミール=どんな家畜のどの部位を使っているか不明
ということ。
この事実を知ったときはゾッとしました。大丈夫といわれても毎食、与えられます?

「等」「ほか」の表示

原材料を見ていると、「等」や「ほか」などはっきりしない表示がけっこうあります。

法律で認められていて、成分の割合が10%以下だと「等」「ほか」もOKなんです。

じゃあ何が入っているの?不安が残るので減点対象としました。

独自基準によるドッグフード査定

国内産も海外産も国内の法律に基づき販売されています。基準に適合できなければ販売できません。
これから紹介するドッグフードもすべて国内の法律基準に適合したものだけ。最低ラインはクリアしていると判断し、基礎点70点としました。

加点や減点は、「主原料」や「成分の内容」などに応じて評価しています。ただし、評価が低いからといってNGなわけではありません。安心と安全が相対的に下がる要素があったというだけです。ドッグフードにかける予算との折り合いもありますのでランキングに縛られないないでください。

「価格」は商品毎にバラバラなので、10gあたりで換算しています。

「評価」は編集部が基礎点70点として加点と減点を加えてすべて数値化した独自基準によります。

なお、食いつき(嗜好性)は評価に加えていません。個体差や日々の体調によっても異なるからです。

まずは、飼い主がいいと判断したものを最小サイズで購入(お試しがあればベスト)してみるといいと思います。

本当のランキングは愛犬が知っているんです。

おもな採点基準例

おもな評価基準例
■原材料表示
・主原料  肉魚類のタンパク質 +5
・添加物(着色料、防腐剤) 片方あり-5 、両方あり-5、赤色102号などリスクあり1つにつき-10、 添加物なし+5
・○○ミール 表示あり-10
 ■成分値(タンパク質の割合)  たんぱく質20%以上 +3 25%以上 +5 30%以上 +10
 ■その他  「等」「ほか」表示 1つにつき-3

ほかにも、様々な独自基準を設けて数値化。なるべく主観性を排除した採点をしています。では、商品別に採点していきます。

Amazonランキング順に採点

客観性を心がけているとはいえ採点順では恣意的になりかねないので、まずはアマゾン(Amazon)の「ドライ・半生ドッグフードの売れ筋ランキング」順に紹介します。独自基準によるランキングは、一目でわかるこちらの早見版を作成しました。


手っ取り早く知りたい方は↑こちらをご一読ください。

総合栄養食で同じメーカーのものは最上位のみ、かつ療法食をのぞいた商品になります。
総合栄養食とは、水とそのフードだけで1日に必要な栄養バランスを満たすことのできるフードのこと。

ちなみに、売れ筋ランキングでは療法食が上位を独占しています。ワンちゃんの世界も高齢化社会ですね。
今の売れ筋ランキングはこちら。 (※1時間毎に更新。記事中のランキングは2017年5月16日午前の情報です)

サイエンス・ダイエット アダルトチキン 小粒 成犬用 (日本ヒルズ・コルゲート)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
オランダ  総合栄養食 トウモロコシ なし 20.9円~ ビタミンC&ビタミンD  83 アマゾンでは療法食をのぞいて売れ筋最上位でした。

「サイエンス」というだけに、獣医師、栄養学者、科学者の研究により生まれた製品。主原料はトウモロコシ。以下「小麦、トリ肉(チキン、ターキー)」の順です。小型犬用はチキンが主原料。50種類以上の栄養素入り。抗酸化成分を含んだ高品質をうたっています。皮膚と毛並みをよくする定番「オメガ3+6」(オメガ脂肪酸)や歯と歯茎の健康のためビタミンDとCも。味にもこだわっているということで食いつきの評判もなかなか。オランダ製。でも、オランダっぽいものは含まれてませんでした。

公式サイトはこちら

オリジン

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
カナダ  総合栄養食 新鮮骨なし鶏肉 なし 16.3円~ 全原材料の80%のタンパク質、穀類ゼロの超低炭水化物  80 材料的には質、量、種類ともに別格です。価格も別格ですが。

主原料は新鮮骨なし鶏肉。「新鮮」とつけてるところに「なうフレッシュ」と同じこだわりを感じます。原材料の75%から80%に新鮮な肉や魚を使っています。人工の保存料は一切不使用。値段重視の方には向いてません。

公式サイトはこちら

ちなみに、オリジンはパピー用もおすすめです。

ニュートロ シュプレモ 小粒 小型犬用(マースジャパン)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
アメリカ  総合栄養食 チキン生肉、乾燥チキン なし 11.4円~ ひまわり油、亜麻仁、オーツ麦、ビタミン・ミネラル  85 食材の種類が豊富。そのブレンドぶりは他商品の追随を許さず。

主原料を肉類で囲っていないアメリカ的な表示です。「チキン生肉、乾燥チキン、玄米、粗挽き米、米糠、 鶏脂、乾燥ラム肉、乾燥サーモン」の順番。通常は「肉類(チキン生肉、乾燥チキン、 鶏脂、乾燥ラム肉)となります。犬編集長もずっとお世話になってました。とにかく食材の種類が豊富で栄養のバランスを考えたフードになります。「生肉」は加点。生肉が主原料ならドッグフード選びの選択肢に加えてOKです。

公式サイトはこちら

 成犬用(ロイヤルカナン ジャポン)


ロイヤルカナン プードル 成犬用 7.5kg 生後10ヶ月齢以上

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
フランス  総合栄養食 とうもろこし 保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA)、 10.4円~ 糞便の量と臭いを軽減する超高消化性たんぱく  64 犬種別のドッグフードは14種類もあります。

人気商品ロイヤルカナンです。トイプードル用が最上位。さすがは人気犬種ナンバー1ですね。主原料はとうもろこし。続いて、「家禽*ミート、植物性分離タンパク**」と続きます。保存料や酸化防止剤と並んで気になりますね。公式サイトによると「*鶏、七面鳥 **超高消化性タンパク 主原料はすべて天然由来原料を使用」との説明でした。超高消化性たんぱく〜L.I.P.というタンパク質の一種が消化率を高め、糞便の量と臭いを軽減するとのこと。。上位商品では初の添加物で減点。タンパク質28.0%以上で加点+5など。 ・ロイヤルカナン トイプードル用

・ロイヤルカナン全体の商品一覧

公式サイトはこちら

カナガン

項目
原産国 ジャンル 主原料 NG添加物 価格(円/10g) 特徴 評価 寸評
イギリス  総合栄養食 骨付チキン生肉26%  なし 17.8円~ グレインフリー、 タンパク質33%  82 穀物不使用で添加物一切なしで質高し。

安価だと12、3%も当たり前の粗タンパク質が33%。犬編集長のナウフレッシュのスモールブリードで28.5%なので肉の多さはトップクラス。しかも生肉で加点。しかもしかも穀物不使用。トウモロコシ・小麦・大麦などが入っていないグレインフリー。カモミールやセイヨウハッカなど原材料にオリジナリティがあります。安くはないのでコスパはイマイチです。安心と安全を最優先にする方には選択肢に入ります。

公式サイトはこちら。(最安値で購入可能) 3564円〜6620円まで差があります。気に入れば公式サイトの定期コースがもっともお得です。ただ、食いつき(嗜好性)が悪ければ意味がないので、まずは単品購入でのお試しがオススメになります。。

グラン・デリ ふっくら仕立て ビーフ・鶏ささみ・緑黄色野菜・チーズ入り(銀のさら)

項目
原産国 ジャンル 主原料 NG添加物 価格(円/10g) 特徴 評価 寸評
日本  総合栄養食 穀類(トウモロコシ、小麦粉等  保存料(ソルビン酸K)、リンゴ酸、着色料(二酸化チタン、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号) 4.5円~ 半生とチーズ 58 公式サイトでは「銀のさら」ブランドはおやつのみに。ゲインパックンともどもブランドの見直しをはかっている?

主原料はトウモロコシ。パッケージには国産のお肉がたっぷりと大きく表記されています。半生タイプでチーズも入って好きな子は好きなようですね。ただ、保存料と着色料が多すぎて減点対象になりました。食いつき(嗜好性)とコスパ重視の方にはいいかもしれません。食感がふわふわで独特らしいです。

公式サイトはこちら

ニュートロ ナチュラルチョイス チキン&玄米 超小型犬 成犬用 生後8ヶ月〜(マースジャパン)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
アメリカ  総合栄養食 チキン生肉、乾燥チキン なし 11.0円~ 第一主原料にチキン生肉を使用  61 超小粒で小型犬でも食べやすいデザイン。食いつきがいい動画も公開。

主原料はチキン生肉。ミートファーストの考えに基づいています。シュプレモのニュートロブランドなので、安心感は増します。生肉に加えて、玄米などに含まれる食物繊維の組み合わせで腸内環境の健康維持をめざしています。コンドロイチンやグルコサミンを豊富!何か特別に入れていると思ったらがチキンに含まれている、と書かれていてズッコケました。食いつきがいい動画を公開しているほどなのでよほど自信があるのかもしれません。

公式サイトはこちら

ピュリナワン ほぐし粒入り成犬用1歳〜6歳(ネスレ)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
アメリカ  総合栄養食 チキン  なし 3.9円~ ほぐし粒、新鮮な肉や魚  79 アメリカのドッグフードです。コスパに優れている。

主原料は新鮮な生チキンとパッケージ。その割に格安なのは魅力。ほかにも、抗酸化作用のある天然ポリフェノールやマルチビタミン、美しい毛艶と皮膚の健康を維持するオメガ6脂肪酸、関節の健康を維持する天然グルコサミンなどを配合。大手のネスレなので安心感も。

公式サイトはこちら

アーテミス アガリクス 小粒(ケイエムティ)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
アメリカ  総合栄養食 フレッシュチキン なし 12.7円~ アガリクス茸  82 お腹がゆるくなりがちな子に試す価値あり

主原料はフレッシュチキンと記載。欧米かっ。他にもアガリクス・EF2001・グルコサミン・コンドロイチン・サーモンオイル・・と健康を考えたものが配合されています。アマゾンの「特殊な用途」とする項目には「胃・消化, アレルギー対応, 皮膚、皮膚膜, 体重管理, 整腸」とも。個性的なドッグフードなので調べてみてください。

公式サイトはこちら

プロプラン 超小型犬・小型犬 成犬用(ネスレ)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
オーストラリア  総合栄養食 チキン なし 10.2円~ デンタルケア、心臓の健康維持、腸内環境  76 メイドインオーストラリア

主原料はフレッシュチキンと記載。欧米かっ。他にもアガリクス・EF2001・グルコサミン・コンドロイチン・サーモンオイル・・と健康を考えたものが配合されています。アマゾンの「特殊な用途」とする項目には「胃・消化, アレルギー対応, 皮膚、皮膚膜, 体重管理, 整腸」とも。個性がある感じました。日本ではネスレが販売。

公式サイトはこちら

ユーカヌバ 小型犬(マースジャパン)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
オランダ  総合栄養食 家禽類(チキン、ターキー、他)、ラム肉 なし 8.9円~ 歯の形にフィットした粒、ミネラル成分マイクロ・クレンジング・クリスタル、カルシウム  76 粒のデザインや成分で歯の健康にこだわっている

主原料を肉類で囲っていないアメリカ的な表示です。家禽類(チキン、ターキー、他)の「他」が気になります。減点3。皮膚や毛艶の定番オメガ6+3が入ってます。歯の健康を考えたカルシウムやミネラル成分マイクロ・クレンジング・クリスタルなども配合。粒のデザインが奥歯にフィットするので、食べるだけで歯磨き効果を期待できるとのこと。本当なら試したいかも。奥歯は磨きづらくて歯垢がたまりがちなんですよね…。

公式サイトはこちら

アイムス・成犬用・健康維持用・チキン小粒(マースジャパン)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特徴 評価 寸評
オランダ  総合栄養食 肉類(チキン、ターキー)  なし 3.5円 消化吸収、免疫力、体重の維持、小分けパック  79 肌と毛並みにいいオメガ脂肪酸が入っているらしい。

主原料は肉類(チキン、ターキー)。タンパク質は25%以上とまずまずの量。肌と毛並みをよくする成分「オメガ6+3」配合。オメガ3は亜麻仁由来の働き。獣医推奨。値段の割にこだわっている印象を受けます。

公式サイトはこちら

メディコート・アレルゲンカット・魚&お米 成犬用(ペットライン)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特徴 評価 寸評
日本  総合栄養食 穀類(米、米粉、米ぬか)  なし 4.6円~ パッケージに「魚&お米」  75 タンパク源はアレルゲンになりにくい魚とお米だけ!を謳っています。

アレルギーが気になるワンコに向いているかもしれません。主原料は米、米粉、米ぬかをいった穀類。つづいて魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源、フィッシュエキス、フィッシュコラーゲン)が入った国産のドッグフード。添加物が入っていないのにコスパもなかなか。ペットラインはヨード卵光でおなじみNOSANのグループ会社とのこと。安心材料になるかもしれません。

公式サイトはこちら

コンボドッグ 角切りささみ・野菜ブレンド 超小型犬用(日本ペットフード)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
日本  総合栄養食 穀類(トウモロコシ、小麦粉、脱脂米糠、コーングルテンフィード) 保存料(ソルビン酸カリウム、デヒドロ酢酸ナトリウム)、着色料(二酸化チタン、食用赤色102号、食用赤色106号、食用黄色4号、食用黄色5号、食用青色1号)、香料 6.3円~ 小粒の角切りささみ、チーズ、国産小魚入り  52 添加物の多さが気になる。8種類の野菜も入っていて栄養のバランスは考えられているが…

主原料は穀類。パッケージにはビタミン豊富な野菜入り、とあります。野菜は8種類。ほかにオリゴ糖やα-リノレン酸などが含まれています。彩りがよく味の評判もよし。ただし、添加物が…。彩りは飼い主の自己満足ではないか、と思います。

公式サイトはこちら。 以上、売れ筋ランキング トップ100の上位から採点してみました。これから紹介するのはトップ100のランク外、またはそもそもAmazonでは売っていないドッグフードです。 売れ筋じゃない=悪かろうではありません。原材料表示をきちんとチェックして愛犬にあったドッグフードを探しましょう。

愛犬元気ゲインズパックン・ビーフ・ササミ・緑黄色野菜・小魚入り 全成長段階用(ユニチャーム)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
日本  総合栄養食 穀類(トウモロコシ、小麦粉、脱脂米糠、等)  保存料(ソルビン酸K)、着色料(二酸化チタン、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号) 4.5円〜 2017年5月15日時点で公式サイトから商品説明が消える  25 コスパ重視最優先なら・・・

主原料はとうもろこしメインの穀物です。動物性タンパク質23.0%。穀類の()内の最後に「等」表示。肉類にチキンミール表示。着色料と防腐剤ともに含まれていて不安は大きい。魅力はコスパがいいこと。公式サイトから商品説明が消えたのが気になります。 復活していました。日々つむ的にはおすすめできない商品になります。

・公式サイトはこちら

ゴン太のふっくらソフト・成犬用(サンライズ)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特徴 評価 寸評
日本  総合栄養食 穀類(小麦粉等)  保存料(ソルビン酸カリウム)、着色料(二酸化チタン、黄5、赤106、黄4、青1 2.7円~ 合成着色料などの添加物多め。低価格においては群を抜いている  52 質より価格重視派。添加物が多めなので気にする方は見送るほうが無難

主原料は小麦粉などの穀物です。動物性タンパク質13.5%以上ですから低いタンパク・炭水化物多め。人間なら若者向けメニューですね。イメージはカップラーメンとおにぎりでしょうか。クチコミでは「食いつきがいい」との評判なので美味しいようです。商品名に「ソフト」とあるように食感がやわらかいのも食いつきがいい理由かもしれません。

公式サイトはこちら

ペディグリー それいけ!小型犬 チキン入り

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特徴 評価 寸評
タイ  総合栄養食 穀類(とうもろこし、米、小麦粉、玄米等)  着色料(赤102青2、黄4、黄5、二酸化チタン)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(BHA、BHT)、pH調整剤 3.7円~ ミルク粒で食いつきよし。  46 小型犬のために作られたフード。安さと食いつきの良さが売り。

消化に優れた玄米入り。ひまわり油のリノール酸が毛ツヤや皮膚の健康維持をサポートする、と謳っています。主原料はとうもろこしなどの穀物。「肉類(チキン等)」に「等」が入っています。10%以下なら「等」表示でOKはわかるのですが…。チキン以外の肉、何が入ってるんでしょうね…。穀物、油脂も「等」入りで大幅減点。添加物の多さも減点対象です。

公式サイトはこちら

モグワン

項目
原産国 ジャンル 主原料 NG添加物 価格(円/10g) 特徴 評価 寸評
イギリス  総合栄養食 チキン&サーモン53%  なし 22円 タンパク質28%、グレインフリー  81 コスパを気にしないことが第一条件。グレインフリーでドライフードが苦手なワンコにも好評。

動物性タンパク質が50%以上というのは規格外のドッグフード。他の商品では考えられない含有量です。規格外のドッグフード。生のチキンとサーモンを使っているので安全、安心の質重視、価格度外視という方は一度試してみる価値があると思います。

販売は 公式サイト のみ。

体に優しいといってもワンコの好みもあるので、まずは単品注文がオススメです。

万が一、食いつきがわるかったときはワン友にあげると喜ばれますよ。ランキング上位の常連なので一度は試してみたいと興味を持っている方が多いからです。

犬編集長もネットではよく見るので興味はあります。近いうちに試してみます。

ネルソンズ

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特徴 評価 寸評
イギリス  総合栄養食 乾燥チキン(26%)&チキン生肉(20%)  なし 19円 タンパク質30%、人工添加物、肉の副産物不使用  90 コスパより質派におすすめ。グレインフリーなど安全安心の条件が揃っている。

動物性タンパク質30%。高タンパク・低炭水化物で年齢が浅い時期の丈夫な骨格作りにはおすすめ。

サーモンオイルは毛並みにツヤ、オリゴ糖は腸内環境を整えて免疫力を高めます。

こちらも公式サイトのみの販売です。

コスパより安心安全重視派はチェックしてみてください。

いぬのしあわせ1歳〜6歳 成犬用(日清ペットフード)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
日本  総合栄養食 穀類(小麦粉/ホミニーフィード/とうもろこし/コーングルテンミール/脱脂米糠)  なし 4.4円~ 平均寿命20歳をめざす独自の健康プログラム  83 ミルクパウダーやチーズパウダーで食いつきは折り紙付き。他にはない原材料も魅力。

主原料は小麦粉などの穀物。肉類(ミートミール/チキンミール/チキンレバーパウダー)のミートミールとチキンミールが気になります。ただ、チーズパウダーやミルクパウダーなどパウダー状の原材料が多いのは食品大手の日清グループならではかもしれません。なのであまり「○○ミール」も気にしなくていいかも?他の商品で出たものをうまく循環させているのかも?シニア前のケアとして卵黄粉末やグルコサミン、嗜好の沈着をおさえる歯磨き粉粒なんてものまで入っています。栄養を吸収しやすい特許技術、寿命20歳を目指す独自プログラムも気になりますね。同じ価格帯のものを与えている方は比較検討してみてください。

公式サイトはこちら

ジェーピースタイル 和の究み 1歳〜6歳 成犬用(日清ペットフード)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特記事項 評価 寸評
日本  総合栄養食 小麦全粒粉  なし 5.4円~ 一生を見据えた体全体の健康維持をサポートすることが目的。  79 メイドインジャパンにこだわり、国内で研究、主原料は国産をうたう。国産派には選択肢になりうる。

主原料は小麦全粒粉。いいかわるいかは別にして、原材料の表示が他の商品とまったく違います。JPスタイルと商品名に冠しているように、メイドインジャパンにこだわった個性的な商品。日本のペットライフのスタイルを究めたという高級路線は貴重。1キロを4パックに小分けしてます。無添加ゆえ小口にして使い切りを意識してます。これも日清グループ。

公式サイトはこちら

ビタワン (日本ペットフード)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特記事項 評価 寸評
日本  総合栄養食 穀類(トウモロコシ、脱脂米糠、コーングルテンフィード、小麦ふすま)  香料、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物) 5.7円~ 活性菌&オリゴ糖配合。着色料不使用  60 コスパ重視派には選択肢に入ります。

主原料はとうもろこし。タンパク質は20%以上。活性菌&オリゴ糖配合。

公式サイトはこちら

愛犬元気 グランデリ 成犬用 ビーフ・緑黄色野菜・ささみ・小魚・角切りチーズ粒入 1.8kg(ユニチャーム)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特記事項 評価 寸評
日本  総合栄養食 穀類(トウモロコシ、小麦粉、パン粉等)  着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、フマル酸、ル、ハーブエキス) 7.8円~ 角切りチーズ粒入り  58 コスパ重視派にはおすすめ

主原料はとうもろこし。タンパク質は21%以上。炭水化物や野菜が豊富。一方で、合成着色料、保存料ともに添加物の多いのが気になります。

スーパーゴールド チキンプラス 成犬用(森乳サンワールド)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
アメリカ  総合栄養食 鶏、コーン、米、オートミール、鶏脂肪、チキンダイジェスト なし 10.0円~ グルテンフリー、腸内フローラのバランスをサポート 83 腸から始める毎日の健康生活。ということで腸のことを考えたフード。

主原料を肉類で囲っていないアメリカ的な表示です。チキンがメイン。コーングルテンミールが気になるかな。「魚肉」ってなんでしょう。これも気になります。ラインナップには肉ではなく魚類を使用したグルテンフリーもあり。森永乳業グループは安心材料。でもアメリカ製なのはなぜ?

公式サイトはこちら

ビューティープロ ドッグ 成犬用 (日本ペットフード)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
日本  総合栄養食 穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦ブラン、小麦粉、ライスブラン) なし 16.4円~ 獣医師監修  73 獣医師監修のドッグフード。マリンコラーゲンとヒアルロン酸配合で皮膚の毛艶の維持に…

主原料は穀類。パッケージには着色料無添加、国産チキン使用とあります、粒のデザインはハート型でかわいい♪

公式サイトはこちら

スタイルズ  トイプードル用 (サンライズ)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
日本  総合栄養食 肉類(チキン等) 保存料(ソルビン酸カリウム 7.2円~ グルコサミン(カニ由来),サメ軟骨抽出物(コンドロイチンを含む)  58 チワワ、ミニチュアダックスフント、トイプードル、ヨークシャテリアの4犬種別のドッグフード。該当する方は一応チェックしてみて。

主原料はチキン等。「等」が気になります。他にも「類」が多すぎます。4犬種別のドッグフードが用意されていて、体重がきになるミニチュアダックスフントはりんご食物繊維、骨格の健康が気になるチワワはミルクカルシウム、目の健康が気になるトイプードルにはアントシアシン、皮膚の健康や毛艶が気になるヨークシャーテリアにはフィッシュコラーゲンが含有。こういうのを知ると、「ちょい足し」の手作りフードをあげればいいだけなんだなと感じますね。

公式サイトはこちら

ナチュラルバランス ウルトラプレミアム ポテト&ダック(ナチュラルバランスペットフード)

項目
原産国 ジャンル 主原料 添加物 価格(円/10g) 特長 評価 寸評
カナダ  総合栄養食 新鮮なポテト、ダック なし 14.0円~ 4層構造で劣化防止&ジッパー付  78 アメリカの専門家が開発した独自技術で30種類のナチュラルサプリを配合、とのこと。

主原料は新鮮なポテトと抱く。食物アレルギーの原因となる穀物類(白米、小麦、小麦グルテン、小麦粉、トウモロコシなど)不使用。チェックする価値ありです。

 

国産も外国産も関係ない

最初の問題、覚えてますか?

  1. 国産と外国産なら国産を選ぶ
  2. 一番多く入っている原材料を知らない
  3. そもそも原材料を気にしたことがない
  4. 原材料の表示を見たことがない
  5. 人気ランキングで選んでいる
  6. 肉類より穀物や野菜が多いほうが体にいい
  7. ドライフードなので賞味期限を気にしたことがない
  8. 何がよくて何がわるいのか分からない
  9. 不安はあるけど食いつきがいいので与えている
  10. ドッグフード選びで最優先するのはコスパだ

こだわることは、国産や外国産ではなく、人気ランキングでもないことがわかっていただけたのではないでしょうか。

個人的には日清のペットフード「いぬのしあわせ」が気になりましたね。長寿20歳をめざすというコンセプトに惹かれました。 100%の安全と安心はないと思っています。原材料が完璧でも粗悪な素材ではあれば意味がありません。

でもそれを見抜くことは難しいでしょう。ただのお金儲けか、ワンコのことをちゃんと考えてくれているか、公式サイトをみるだけでも伝わるものがあります。

突き詰めて添加物などの原材料を気にするようになると、手作りフードに行き着くという人もいます。
興味のある方は一読されることをおすすめします。

愛犬のための 食べもの栄養事典
愛犬のための症状・目的別食事百科
かんたん! 手づくり犬ごはん
愛犬のための症状・目的別 栄養事典
ペット栄養管理士さんが教える「手作り犬ごはん」のレシピ

ちなみに、犬編集長はドッグフードに茹でたチキン、野菜、くだものなどのちょい足しフードを実践しています。

犬編集長
ほかにもちょいちょい貰ってるYO!

知らんぷりが下手すぎ! その他の商品や製品情報が更新され次第、随時更新します。

目次でサクッとおさらい






-ドッグフード・手作りごはん, 犬と暮らそう
-, , ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2018 All Rights Reserved.