チェーン飲食店 富士そば 犬とお散歩グルメ

200円生ビール終わっちゃった「富士そば」ちょい飲みメニューが店舗で異なるよ

投稿日:

富士そばちょい飲みのフラッグシップ店だった高円寺店の生ビール・ハイボール2杯目から200円サービスが19日(2016年6月)をもって終了した。これからは2杯目からも280円。じゅうぶんリーズナブルだが話題&コスパ先行だった富士そばのちょい飲みがひとつの節目を迎えたといえるだろう。ふじ酒場をはしごしてきたので改めて運営店舗やメニュー、注文方法などをチェックしておこう。

富士そばのちょい飲み「ふじ酒場」とは

立ち食いそばのチェーン店「富士そば」では、2015年から「ふじ酒場」というパッケージでちょい飲みできる店舗を展開している。
hujisakaba-_IMG_8837
この提灯が目印だ。
1杯280円のプレミアムモルツと角ハイボールなどのアルコールと、枝豆や冷奴、板わさなどのおつまみメニューが200円で提供される。高円寺店の一番人気はつカレーライス抜き。これも200円だ。さらに、コロッケやイカフライなどのトッピングメニューもそばツユをかけた「天ぬき」で味わえる。

運営店舗は18店舗まで拡大

現在(2016年6月)時点で「ふじ酒場」はを以下の店舗で営業している。

高円寺店、西荻窪店、ハッピーロード店、越谷店、新橋店、人形町店、東武練馬店、東十条店、十条店、水道橋店、大塚店、池袋店、石神井公園店、浜田山店、京急蒲田店、駒込店、町田店、サンロード店

8店舗でスタートしたふじ酒場は18店舗にまで拡大。客単価が上がっているのだろう。今後も増えていく勢いをかんじる。我々が向かったのは、高円寺店と吉祥寺のハッピーロード店。日々つむ編集部のある笹塚の駅前にも富士そばはあるのだが、ふじ酒場は展開していない。狭い上に立ち食いスペースしかないためと思われる。

吉祥寺サンロード店

hujisakaba-_IMG_8833_Fotor
吉祥寺サンロード店。ふじ酒場の提灯がふたつ。

hujisakaba-_IMG_8840
ショーケースがそこのおじさん、ちょっと飲んでかない?と誘っている。いや注目は食品サンプルではなく値段である。

240円!高円寺店より安い。
hujisakaba-_IMG_8842
hujisakaba-_IMG_8843
ガブちょい飲みしたくなる値段設定だ。

ちょい飲みメニュー

メニューとして掲示されていたもの。
hujisakaba-_IMG_8844
ほうれん草のおひたし、鶏ネギ、カツ煮などがある。高円寺店と比較してみよう。

menutigai1
けっこう違っている。ある程度、お店ごとの裁量に任されているのだろう。

hujisakaba-_IMG_8846
天ぬき110円。かき揚げにツユがかかっている。

hujisakaba-_IMG_8849
コロッケ110円。一見、フツーにみえるが・・・

hujisakaba-_IMG_8850
頼めばツユをかけてくれる。これも天ぬきの一種だ。

hujisakaba-_IMG_8852
カツ煮300円。これがいちばん旨かった。ちゃんと温めて「料理」しているからだろう。

高円寺店200円ビール最後の日

つづいては、高円寺店。
hujisakaba-_IMG_8870
ちょうちんはひとつ。縦に長いうなぎの寝床タイプのためとおもわれる。

hujisakaba-_IMG_8875
やる気をかんじるショーケース。ちょい飲みメニューの食品サンプルが並んでいる。カツカレーのライス抜きもある。しかし、哀しいお知らせも・・・。

hujisakaba-_IMG_8871
生ビールとハイボール、2杯目からは200円で提供していたのだが6月19日をもって終了。2杯からも280円になった。改装キャンペーンの一環だったのか。知らなかった。これからは現金200円を渡して注文することもなくなるのだ。

hujisakaba-_IMG_8880
カツカレーライス抜き200円。たしかにコスパがいい。ぜひモノで頼もう。

hujisakaba-_IMG_8882
いか天130円。もっとつゆに浸したい。衣の厚さにつゆがおいついていない。

hujisakaba-_IMG_8881
板わさ200円。驚くくらいフツー。だが、それがいい。

hujisakaba-_IMG_8885
巣ごもり温泉玉子200円。ほうれん草と温泉玉子。つゆをかけてもらったが醤油のほうがきっと旨い。

hujisakaba-_IMG_8890
ちくわ天110円。もたれてきた。

hujisakaba-_IMG_8889
紅生姜天。ちょっと調子にのりすぎて頼みすぎた。そしてようやく気づいた。天抜き系は具が多いかき揚げをのぞいて衣が厚く、絶対的にツユが足りない。作り置きのトッピングが美味しくなるのもアッツアツのつゆにたっぷり浸るからこそ。おいしくたべる作戦として、かけそばを一杯頼んで浸しながら食べたほうがいいかもしれない。ちなみに1杯300円で食べられる。

まとめ

今後生ビールとハイボールの値段は、高円寺店280円。吉祥寺のハッピーロード店240円と逆転することになる。中央線で途中下車してちょい飲みを考えているサラリーマンやOLは参考にしてほしい。個人的に、両店で美味しかったつまみトップ3を紹介しておこう。

3位カツカレーライス抜き200円
2位コロッケの天抜き110円
1位カツ煮300円

カツ煮は高円寺店のメニューにない。カツ丼のライス抜きなので頼めばやってくれるかもしれないので尋ねてみてほしい。

ビールとハイボール480円とカツ煮とコロッケ天抜き410円で合計890円。仕事の帰り道のちょっとした息抜きに、富士そばのちょい飲み。時間帯など店によって異なるサービスもあるので近くの店をチェックしてみてほしい。ちなみに高円寺店のちょい飲みは15時からのサービスになる。

ごちそうさまでした!

富士そば 高円寺店
ジャンル:そば
アクセス:JR中央本線(東京-塩尻)高円寺駅北口 徒歩1分
住所:〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-22-18 たちばなビル1F(地図
周辺のお店のプラン予約:
スペイン&メキシコバル ボケリア のプラン一覧
PINETALE 2990 中野店のプラン一覧
炉ばた情緒 かっこ荻窪北口店 のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 高円寺×そば
情報掲載日:2016年6月21日

(日々つむ編集部)

-チェーン飲食店, 富士そば, 犬とお散歩グルメ
-, , ,

Copyright© 日々を紡ぐてれび , 2017 AllRights Reserved.